名古屋リーマンブログ

人のフリ見て微調整。リーマンウェブログ

大学時代のアルバイトは、メリット・デメリット・色恋沙汰いろいろタメになるよ。(②フレンチレストラン編)

 

前回に引き続き

www.758n.nagoya

 

ターミナルホテル

 

名古屋駅にありました。松坂屋と隣接されてました。スペリオールというフレンチレストランで働いていました。ググッても当時の情報はほとんどありません。

 

 

現在は、

ターミナルホテル → ホテルアソシア → マリオットアソシア 

と外資が入ったりして、合併等、いろいろ右往左往されて大きくなったみたいです。

なんか大きくなりすぎて行きづらくなってしまいました。

さみしい限りですが、大学時代の超メインで想い出深いバイト先でした。

 

フレンチレストランなので本格的なフランス料理のコースがメインのレストランでした。

 

スペリオール

 

ここでの仕事内容は、

 

フレンチレストランのウエイターのほぼ全てでした。

 

・テーブルのセッティング、

・注文を取ることとお客への説明

・客前でワインをオープナーであけてテイスティングしてもらうこと、

・料理のフルコースの進捗具合をみて厨房への合図、

・料理ごとの厨房への皿出し、

・ブレッドをお客にブレッドワゴンから選んでもらってブレッドナイフで給仕、

・客前で締めのデザートの簡単な炎の調理

・泊まってそのまま朝食準備他

 

正社員とほぼほぼ同じ内容の仕事内容でした。違うのはレジ締めをしないことと、責任がないということぐらいでした。上記のことを覚えるまでに1年弱は軽くかかりました。

 

面食らう田舎者

 

三河の田舎者なので、マナーからフォークの置き方から、必死に学びました。めちゃくちゃ怒られたりすることもありましたけど、不思議とイヤじゃありませんでした。

 

仕事終わりにワインの名前とか産地とかも勉強したりして、華やかな場所で知らないことを憶えるのは楽しかったです。

 

このフレンチレストランでは、フランス料理の美味しさを身をもって知ることができました。

 

牛フィレ肉、マスタードソース、アメリケーヌソース、パイ包みスープ、スモークサーモン、オニオンスライス、ビソワーズスープ、エスカルゴブルゴーニュ、フランスパン、ライブレッド、ロールパン、クロワッサン、蒸留水、などなど、はじめての世界でした。バター1つとっても、やっぱり日頃食するものとは違うわけです。

 

コースの名前と金額は今でも思い出せます。

プチコース(3,800円)、季節のセゾンドフルコース(6,000円)、

マ・チェイス(私の椅子)フルコース(10,000円)、

あとはアラカルトでシャンピニオンステーキ、ロッシーニ、スズキなどの魚料理でした。

 

先輩やコックさんがイイ人ばかりだった

 

厨房のコックさんがいい人だと、これらの素材や料理を惜しげもなく勉強のために、食べさせてもらったりしました。はじめて口にする衝撃の美味しさでした。若かったのでなおさらでした。当時のコックさんには本当に感謝感謝です。

 

ホテルなので、隣にカクテルバーが併設されてましたので、先輩にカクテルを教えてもらったり、スコッチ、モルト、バーボン、国産などのウイスキーの銘柄を覚えたりして、今の自分にものすごく役立っています。

 

サラリーマンになって、フレンチレストランやワインバーに行っても、物おじしなくなったのは、ここでの経験のおかげです。

 

 仕事のイロハを教えてもらっていろんな経験させてもらいました。

 

最大のデメリット

 

でもいいことばかりではありませんでした。ここでは、泊まり明けの勤務といって、夜のフレンチのサービスが終わったら、掃除をして、明日の朝食の準備をして、そのあと、先輩やコックさんと宴げをして、またそのあと、栄の錦三や夜の街へ繰りだすんです。オール(ナイト)で。

 

で、深夜にホテルに帰ってきて、軽くシャワーを浴びて、仮眠室で数時間寝て、すぐに朝食サービスで、6:30~9:00まで仕事をしてました。

 

で、そのまま大学の講義へ地下鉄で向かうわけです。

 

当時はまだ桜通り線が開通されていないときで、実家から大学に通うとなると、ホントに通勤ラッシュラッシュで2時間電車の中でバレリーナ状態で乗車してなくてはいけなかったので、

 

そういう意味では、ターミナルホテルからそのまま大学まで通学できるのは、逆にありがたくて良かったんですが、ほとんど寝ていなかったので、

 

週の半分の講義中は、見事に、

 

爆睡でした。

(ノД`)・゜・。

 

 

で、2年間同じ生活をして、

結果どうなったかというと、

 

 

 

 

 

 

 

留年確定

(T_T)

 

 

になりました。

自業自得なんですが、さすがに親には、大学から連絡がくるまで何も言えませんでした。オフクロから散々怒られました(T_T)

 

当然ですよね。余計に学費も払わなきゃいけないし、就職も1年先になってしまったので。親としてはほんとに情けなかったかも知れません。こういうことを思い出すと本当に親に頭があがりません。

 

悪魔のささやき

 

で、このタイミングでバイト先の正社員のホテルマンの方々が、

 

「短大の資格とって、正社員にならないか?」

 

って誘ってくださるわけです。

 

「うちは組合もしっかりしてるしイイゾー!」

 

ってグイグイくるわけです。組合って聞いても当時はあまりピンと来なかったわけですが、大学の勉強もつまらないし、留年しちゃったし、ホテルマンも悪くないなーと思って、ターミナルホテルに就職しちゃおっかな~~と寸前までいきました。

 

ホテルマンの給与明細

 

で、たまたま正社員のホテルマンの給与明細をみせてもらったんです。いろいろ社会保険とか住民税とか所得税とか雇用保険とか控除されてたのは、いまだから理解できますが、それであっても、手取りが異様に低かったんです。

 

支給額、いくらだと思います?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

9万円そこそこでした。

ガッビーーーン

(T_T) 

 

 

衝撃でした。

いくらなんでも、あんだけ体力使って、歩き回って、お客さんに頭下げてたったこれだけ?

 

 

速攻で正社員のお誘いは

お断りしました(笑)

 

 

 

※ホテルマンの名誉のために補足しますが、出世すればするほど、黒服に近くなればなるほど、良い待遇になれるみたいです。

 

ホテルの専門学校の講師とか、ナイトマネージャーって言って、宿直みたいなものですが、夕食とかは美味しいフレンチ食べ放題で、いいお部屋に泊まったりできるみたいです(当時のお話し)。見回りするぐらいでそれが1日の仕事なんだって!

語弊があったらすみません。

 

何にしても、

卒業だけはしないといけない!

と腹をくくりなおしました。目が覚めました。

 

 

長くなったので、

おしまい、

色恋編へ、つづく

 

 

 

※大学時代のバイト遍歴、目次

 

①・カーマホームセンター

②・ターミナルホテル

・クラブアモーレ

・バー・ボワール

・家庭教師(小学生、中学生、社会人?)

 

Copyright © 2017 758n's ReBlog All rights reserved.