名古屋リーマンブログ

人のフリ見て微調整。リーマンウェブログ

えっ!?、ファーストサーバがZenlogic(ゼンロジック)に切り替わる?どういうこと?

 

前回の続き、、、。

www.758n.nagoya

 

 

本社にぶらさがっている40数店舗

 

 

事件が起きる5年前、グループ子会社での好評結果を得て、会社本体の40店舗でもファーストサーバとコラボして、FTPを活用した営業支援システムを開発することになった。

 

グループ子会社は6,7店舗の売上、棚卸、店舗間移動データと出勤簿データだったが、今度はグループ子会社も含めた50店舗程度の規模になる。

 

ちょうど本体のPDA端末がリプレースの時期だったので、タッチパネル液晶の最新型にして、本社の店舗データ受信サーバーは廃棄、そのかわり売上データ等の送り先は契約しているファーストサーバだ。

 

グループ子会社はパソコンだが本社にぶらさがっている店舗の40数店舗はPDA端末でファーストサーバを共有することになる。

 

各店舗の棚卸しや、売上締めのバラバラの時間帯を基準に考えれば、FTPアカウントが同時接続10店舗分だとしても、WI-FIも速くなってるし、処理がスムーズなら問題ないはずだ。

 

PDA端末のシステム会社さん

 

PDA(業務用携帯)端末が絡んでくるし1人では無理なので、PDA端末提供元のシステム会社さんにお願いして(後日、このシステム会社の仕様設計の一部が事件をおこすキッカケになろうとは,,,。)リプレースを行い、コストの面もこちらの実績のある仕様をもとに開発してもらったので、安くすんだのは当然だ。

 

全店舗のPDA端末本体等開発費用を全部あわせても800万円程度ですんだ。

 

作り上げたシステも無事思い通りに稼働して、問題なく現在に至っている。

 

この5年間でファーストサーバがデータ送受信等で利用できなかったのは、メンテのための1回だけだった。

 

本社に会社の資産として受信サーバーを置いているときは、サーバーが予期せず止まっていたり、受信ソフトがマルチタスクでうまく動かないときもあって、スムーズにいかない小さなトラブルが結構あって神経をつかっていたころに比べれば、ファーストサーバとコラボしてからは、ほぼ100%稼働率で、前日迄の売上データの集計結果を、早くスムーズにみたい営業からは非常に好評を得ている。

 

管理の面でもメリットがある。

 

スマホからFTPソフトをつかって、ファーストサーバ(レンタルサーバ)内のフォルダやファイルにアクセスできるので、受信できたかどうかの確認や、ファイルの削除やメンテナンスも遠隔でできるから、便利で助かっている。

 

で、ほとんどシステムの維持管理がラクになって、ここ何年かはたいした労力も使わずにポケタ~ンとしていたときに事件は起こりました。人生そんなもんだよね。

 

ファーストサーバが、初めてといっていいぐらいの大がかりなサービスの切替作業を行うと急にアナウンスをしてきました。

 

数か月後には強制的に行いますということだった。

 

 

ガイドもパンフレットでくれて力が入ってるなという感じだった。

 

Zenlogic(ゼンロジック)サービスというものにファーストサーバから切り替えるということだった。

 

こんな感じ>>>>>>

コストも安くなるし、機能もアップ、ユーザー側(うちの会社)は特に何もする必要もないっていうんだから、何も文句をいうことはないでしょう。FTPアカウント1つの同時接続も30に増えるっていうことだったし、システム会社さんにも一応報告したけど、「特に問題ないですよ。機能アップするからきっと処理スピードも向上しますよ。店舗側も助かるんじゃないですか?」って感じだった。

 

確かにそうだよね。イイコトずくめなんだけど、、、。

 

こういう時(何でもしなくて大丈夫ですよっていう時)って、経験上、何かある場合がけっこうあるんだよな~、大丈夫かな?と一抹の不安を覚えながら、切替日を迎えたのでした。

 

つづく、、、、。

 

 

 

 

じゃないよ!

引っ張らないよ!

 

 

事件がやっぱり起きちゃいました!!

 

切り替え日時は7月最終週の木曜日の深夜だったんですが、翌金曜日の早朝にスマホでFTPソフトを利用して受信されたデータがきちんと保存されているか確認したら、

 

「ない!ない!データを受信するフォルダの最上位フォルダがどこにも見当たらない!青ざめました。今日は大混乱になるぞ、トラブル対応で今日1日仕事にならない、土日も休んでられないぞ!、、、、覚悟しました。」

 

※ちなみにわたしが設計したグループ子会社のほうのデータは別フォルダだったので、キチンといつもどおり(切り替え前どおりに)保存されていました。

 

ちょっと詳しく説明すると、anonymous(アノニマス)っていうフォルダが今までファーストサーバ上にあったんだけど、それが切り替え後のZenlogicには無くなってしまっていました。

 

うちの会社の売上データ他すべてのデータはこのanonymous直下のフォルダに保存する仕様だったのに、、、。

 

後悔先に立たず

 

5年前のシステム会社さんとの打ち合わせの記憶が呼び起されました。わたしは少し怒っていました。

 

どうしてかというとwwwの下にデータは保存するようにフォルダを素直に切ってくれればいいのに(それが自然というか普通なのに)、なんでわざわざダウンロードするために作成された特殊なanonymous直下にデータを保存する仕様にすることを提案してくるんだろう?

 

質問したが、その答えは「特に問題はないはずだから」というものだった。

 

違和感をおぼえたが、その後、特に問題なく稼働してたので忘れていたが、今回の事件で、「やっぱり、wwwフォルダの下に普通に切っとけば良かっただろう!」ってあらためて思いました。

 

あのとき違和感どおりに強引に仕様変更させれば良かった、、、。とつくづく後悔しました。

 

ファーストサーバさんの親身で早い対応

 

さて、矛先はファーストサーバさん(会社名もファーストサーバ)にも行くんだけど、「なんで勝手にanonymousフォルダを無くしちゃうの?アナウンスなかったよね?聞いてないよね?」と言ったら、若いお兄さんが出てくれてたんだけど、

 

「少しお待ちください。」と言われて、「すぐに切り替え前のサーバーを臨時に立ち上げます。anonymousフォルダをダウンロードできます。お客様でお願いできますか?」

 

「は、早い対応じゃないか!やれるやりますよ、そんなことぐらい。」

 

「ですが同じ位置にanonymousフォルダは配置できません。ですがホームディレクトリの設定で論理的に切り替え前と同じ環境になるはずです。」

 

「そ、そうなの?でもその処理するためには今までのパスワード7桁だとできないみたいなんだけど、Zenlogic切り替え後、8桁仕様におたくのコントロールパネルがなってるよ。今の7桁パスワードのままでそっちでやってくれない?8桁に変更できないんだよ。パスワードは50店舗の端末に覚え込ませちゃってるんで、1台1台変えるなんてやりたくないんだよ。ね~~、大変なのはわかるけど、ファーストサーバさんの方でお願いだからパスワード7桁のままでホームディレクトリの設定をチャチャっとやってくれない?」

拝み倒しました。

 

「わかりました。確約はできませんが、上と相談してみます。少しお時間ください。」

 

 

若いサポートのお兄さんは、親身になって対応してくれました。

 

賢い感じなのはすぐにわかりましたけど、こういう感じの人ってたいていドライでクールな感じだから逆に経験上、厄介かも知れないと思っていたら、最後までホントに親身に対応してくれました。

 

うちの会社だけのために、パスワードの件、会議を開いてくれたみたいでプログラムで対応してくれるって、翌日は土曜日だったけど、そう言っていただけました。

 

結局プログラムのコーディングとか動作確認とかいろいろしないといけないから、時間がかかってしまうのは当然なので、お断りしましたが、、、。

 

ファーストサーバの若いお兄さんのいい感じの対応だったのが良かったのか、頭をうまく切り換えられて、こちらで新しいFTPアカウントを作ってうまくすべての処理が動くか動作確認して1台1台設定ファイルを書き換えたほうが早いと判断しました。

 

すぐにとりかかって土日はつぶれましたが、データの全面復旧が火曜日までで終えることができました。無事トラブル対応は収束しました。

 

システム会社さんのサポートも良かったんですが、うちの会社の社長もわたしが悪くないこともわかってくれて、気長に売上データを待ってくれました。

 

メドが立ったときには「良かったな~~。」と言っていただきました。

 

「社長!すみませんでした、そして、ありがとうございます!売上データをすぐに見たかったはずなのに、やっぱり創業者は度量が違うよ!給料は低いしボーナスは寸志だったけど、でも社長についていくよ!!」

 

心の中で叫びました。

 

 

結び

 

その後、いつも通り順調に店側も本社側もシステムは稼働しています。データ送受信の処理も速くなっていい感じです。

 

anonymousフォルダの件は、うちの会社が少し一般的でないことをしてたのも原因だったかもしれないと思うと、システム会社さんに矛先がまた向いてしまうんだけど、それは攻めずに、今後のこともあるので、

 

設定ファイルを変えるだけで今回のトラブルが収束できたのは、うまくプログラミングしてくれてたおかげだと大人の対応で御礼をしておきました。

 

何にしてもファーストサーバさんの対応は良かったです。

 

他のうちみたいに契約している会社(前回話したように契約数はけっこう多い。たぶん何百じゃなくて何千かも、、、。)の移行サポートもあったはずなのに、けっこう、うちの会社に時間を割いてくれたのは、ホントに嬉しかったです。

 

IT会社らしからぬといったら語弊があるかもしれないけど、ファーストサーバの若いお兄さんの対応も温かみがあってほんとに良かったよ。

 

ファーストサーバさん、今後ともよろしくお願いします!

 

Zenlogic 速くなってなかなかいいよ!

 

 

おしまい。

Copyright © 2017 758n's ReBlog All rights reserved.