758n's RyBlog!

人のフリ見て微調整。名古屋リーマンブログ

親族の借金問題(①)、反面教師にして欲しいので晒します。親を泣かせてはダメよ~ダメダメっ!!

今から、だいたい十年ぐらい前、

 

帰宅途中、おふくろから携帯に電話がかかってきた。涙ぐんでいた。

 

 

「いったい、どうしたの?」

 

「あの子オレの実弟が借金をかかえてることがわかって、どうしたらいいかわからんのだわ~。何か万が一困ったことがあったら、連絡してって言ってくれてたよね~?だから悪いと思ったけどかけさせてもらったわ~、ウッ、ウッ(おふくろが涙ぐんでいる!)」

 

「お、親父は?」

 

「怒ってばっかで話し合いにならんのだわ~。グスッ(泣)」

 

「借金があるってなんでわかったの?」

 

「消費者金融会社から督促の電話がかかってくるんだわ~、何回か(泣)」

 

「(ちょっとヤバいぞ)わかった、すぐ行くわ。」

 

体がすごく熱くなっていた。

 

いつも明るいおふくろが、こんな形で泣くなんて生涯初めてだ。よっぽどショックだったんだろう。

 

それよりも、

 

「なに、おふくろを泣かしとんだ!」

 

実弟に対して怒りがこみあげてきてしょうがなかった。ガテン系だけどマジメに正社員で働いていたはずだった。実家暮らしだからその気になれば、貯金だってできるはずなのに、どうしてだ?

 

ちょうど週末だったのでタイミングは良かった。当時、離婚していて時間は自由にできるしタップリある。

 

時代背景としては、ちょうど、アコムとか消費者金融がはびこっていた時で、簡単に借金できることが問題になりはじめたときだった。

 

離婚後することがなくて、暇つぶしに独学で法律の勉強をしていたので、関連書籍やらマンガ(カバチタレや司法書士の実務など)は好んでよく読んでいたから、予備知識はけっこうあった。

 

 

実家に到着、すぐに親父とおふくろと家族会議、

 

よくよく話しを聞くと、こうなる前に兆候はあったみたいだ、実弟に何度かせびられて、おふくろが自分の懐(ふところ)から、合計数十万円を渡していたようだ。

 

実弟は何でそんなに金が必要だったのか?

 

親が実弟を問い詰めたところ、

 

「連れの借金を肩代わりした。」

「パチンコ等で浪費した。」

「金を使って思いっきり遊ばんと何にも面白くないから。」

 

とこんな感じの理由らしい。

半分は嘘で半分は本当だろうけど、嘘だろうが本当だろうがこのさいどうでもいい。

 

で、いったい借金はいくらだ?

 

複数の消費者金融の明細等から200万円ぐらいとのことだった。

 

このままにしておけば、日が経つにつれ、利息はふくれあがるばかりだ。なのでこのままにはしておけないんだが、切羽詰まってる感じなのはおふくろで、親父は怒ってはいるが、まだ多少余裕ぶっこいてる。「自分で借金こしらえたんだから、自分でなんとかさせろ!」の一点張りだ。

 

すぐに解決策を検討して動かないといけないので、ちょっと親父を脅(おどか)した。

 

「親父、ほんとに実弟の借金が200万円だけだと思ってんの?500万円かも1000万円かも知れないよ。把握していない消費者金融があるかもよ。消費者金融ならまだしも、ヤミ金融もあったら大変だよ、いまの実弟の言うことを鵜呑みにしていいのか?それにこのまま放っておいたら、すぐに雪だるま式に借金が増えてくばかりだよ。すぐにみんなで動いたほうがいいよ。」

 

「5、ご、500万円!?ほんとか?」

 

「万が一の話しだよ、早急にちゃんと事実を把握して動かないとダメだよ!焦ったほうがいいよ。俺も協力して一緒に動くから。」

 

まず部屋に閉じこもっている、実弟を呼び出して、1対1で問い詰めた。

「本当に借りてる消費者金融はこれだけなのか、本当のことを言え!今ほんとのことを言わないと、、、×〇△■%$#、、、。」

 

ちょっと熱くなってたので、迫力はあったと思う。アコムが100万円でプロミスが50万円とレイクが50万円だけ、合計150万、とりあえずは本当のようだ。

 

最後にサンダーな一喝、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お前な~~、遊びたいんなら、稼いだ金の範囲で遊べっ!!!!なんで親に借りてまで遊ぶんだーー!!!親に感謝しないといけない年齢なのに、親を泣かせて何やっとんだあーーー!!五体満足に生んでもらって、何を甘えとるんだーーーー!反省しろ!!!

 

 

 

大声だったので、親父がビックリしたみたいで俺を制止しようと、口をはさんできたが、おふくろがそれを止めて、とりあえずは俺の思うようにしてくれた。

 

一応、実弟は(事の重大さに気がついたのか)下を向いて泣いていた。

こういったことは大事(オオゴト)にして早く終わらせた方が絶対いい。

 

つづく(次回は対応策へ)

www.758n.nagoya

 

www.758n.nagoya

www.758n.nagoya

www.758n.nagoya

Copyright © 2017 758n's ReBlog All rights reserved.