名古屋リーマンブログ

人のフリ見て微調整。リーマンウェブログ

東証一部上場会社だとしても騙されるな!2つの体験談から確信した。上場会社でもヘンな会社はけっこう周りにあるよ。

 

こんにちは、ナゴヤんです!

 

掲題からは想像つかなかったかも知れませんが、

1つめは実家ネタからです。以前も家業(今はもう廃業)のことを書きましたが関係あります。

www.758n.nagoya

 

家業(損保代理店)にもIT(情報テクノロジー)の波が押し寄せてきて親父が大変だったけど、何とか親父自身の努力と周りの協力で家業を切り盛りしてきたんですが、インターネット回線が損保代理店の業務を行うには必須になってしまいました。

 

IT関連の上場会社

 

親父がどこから聞いてきたのか誰かからの紹介か忘れましたが、インターネット回線(当時はADSL)を引くだけでいろんな余計な機器やオプションをつけて200万円近くのリース契約を仮契約してしまいました。

 

で、親父をサポートしている、おふくろから慌てて携帯に電話がかかってくるわけです。「何かスゴク心配になって電話しちゃったんだけど、この200万円のリース契約ってどう思う?インターネット回線を引きたいだけなんだけど、、、、。あんたの意見が聞きたくて、詳しいんでしょ?会社で担当してるって言ってたから。」

 

結論からいうと、オフクロ、よく電話してくれたね。あなたのカンは正しいよ。って感じなんだけど。次の休みに実家に出向いて資料やら営業担当者の名刺やらいろいろ見せてもらったわけなんですが、零細家業にこんな機器必要なし。

 

ビジネスフォン的なものまでくっついていて、電話回線なんか1回線しかいらねーよ!どこにビジネスフォンを配備するビルがあるっていうんだよ!実家は平屋で6畳間で仕事してるだけなんだよ!っていう状況であきれてしまって。無駄金無駄装備の典型でした。

 

親父のプライドを損なわないようにして、いろいろ改めて聞いてみると、

1.インターネットはよくわからないから鵜呑みにしてしまった。

2.東証一部上場企業だから安心していた。

3.ビジネスフォンのことはセットだと思っていた。

 

こんな感じ。騙されるのも親父は高齢だから無理はないかな~?損保代理店の親会社がインターネット回線まで面倒みてくれればこんなことにはならなかったのに、なんでも代理店まかせでしょうがね~な~。でも上場会社でしかも東証一部上場会社かこんなこと(零細企業を騙して食い物する)までするなんて世も末だな。

 

東証一部上場会社と対峙

 

確かに調べると、この該当会社は東証一部上場企業だったけど、逆に、無知なのに詐欺的な行為を追及して丁寧に説明したれば解約できるなという確信めいたものがあったので、さっそくこの会社の営業日に連絡して解約の旨伝えた。

 

「もう実家には二度と連絡しないこと。」「まだ残処理等があれば、俺の携帯にかけるようにということ」を名刺の営業担当者に約束させた。若い男性の営業担当者で、息子だと伝えて理不尽きまわりないということを伝えたら案外あっけなく引き下がった。マニュアルがあるのか知らないが、うしろめたいところがあるからすぐに仮契約の解約に応じたんだろう。機器納入や工事着手されていたら、もっと時間がかかったと思う。

 

結局、実家のインターネット回線は初期費用はルータとセットでキャンペーンとかで初期費用は5000円程度で引くことができた。特に回線スピードも問題なくNTT西日本の業者も代理店じゃなくて直接近くの営業所からきてくれて何かあったら連絡してくれと名刺を置いていってくれた。ベテラン男性で親切な方だったみたいだ。

 

良かった良かった。親父もおふくろも喜んでいた。その上場企業の会社の名前はもう忘れたが、いまもあるのかさえ知らない。でもあんなあこぎな商売してたら、潰れててもおかしくないな、むしろ潰れてて欲しいよ。なんで上場できたんだよ!って感じだ。

 

 

あと1つは、自分の過去の転職先からです。

 

転職先の社長はよく吠えてた

 

その会社は転職時は非上場会社でしたが、わたくしが退職後すぐにジャスダックに上場し今や東証一部上場してます。わたしは丸1年しかいませんでした。社長はよくいえばカリスマ社長、悪くいえばタダの気の小さい駄犬(弱い犬ほどよく吠える)のような社長でした。

 

今では東証一部上場企業です。当時はブラック企業の典型のような残業代何それ?会社です。会社には妖怪と言われるような社長の手下がはびこっていて、まあ若い会社なので歯向かう従業員もいましたが、社長の力は絶大でした。

 

わたしもそんな会社に嫌気がさして、提案していたシステムを契約メーカーに託して退職しました。その会社のために身を投じる気(粉にして働く気)になれなくなったのでしょうがありません。病気やウツになるよりはマシです。

 

で、すんなりやめれたかと思ったら、何をされたと思います?

1.離職票の手続きをとってもらえない。

2.探偵を使って転職先を探ろうとした。

おおまかにこの2つです。

そういえば退職するとき、退職意志を社長に電話で伝えると一方的に罵声を浴びせられて、内容は、「おまえの人生メチャクチャにしてやるからな」的な感じで、勝手に電話を切られたので、何かしてくるかもしれないなとは思っていました。

 

1.は自分でハローワークなど行政機関に出向いて何とかしました。行政機関はけっこうキツく会社に指導してくれます。

2.は本当にドラマに出てくるようなグラサンした若い女の探偵が、ある日マンションの前で待ち伏せしていたので、尾行をうまく撒いたりしていました。いつどこで待ち伏せしてるかわからないので、出勤時間を大幅に前倒ししたりして、毎日尾行されていたわけではないですが、1年ぐらいで尾行の気配はなくなったと思います。

 

2.の尾行の目的はイヤガラセでしょうね。転職先に何かわたしの悪口をねじ込みたかったんでしょう。あの社長ならやりかねないって感じです。当時の妻の出勤にも尾行をはりつけて何とか情報を得ようとしていましたので、やり方がエグすぎます。グイグイやりすぎなんだよ!程度考えろ!って言いたい。

 

その社長はどうなった?

 

結局、その社長は上場後にヘマをやらかしたらしくて、退任に追い込まれました。今は違う社長が就任しています。なぜ退任したのかは内紛クーデターみたいだけど、告発された内容が「従業員を酒に酔わせて強姦」ということでマスコミネタにもなっているようです。

 

東証一部上場会社なのでIRが必要で、新社長は、前社長の退任理由を「病気療養で入院」としていました。どっかのヘボ政治家か!?何様なんだお前?って感じだけど。本当のこと言わなくてもいいんでしょうかね?ステークホルダーに申し訳ないとは思わないんでしょうか?まあ、このへんにしておきます。

 

〇人にムチ打つつもりや傷口に塩をぬるつもりはありません。が、前社長は退任しても筆頭株主みたいなので、まだまだひと悶着ありそうな会社です。不安定な東証一部上場の会社ですね。事業が事業なだけに前社長かつ筆頭株主が女性に対してへんな癖(へき)がある会社って大丈夫なんでしょうか?、、、このへんにしておきます。

 

結び

 

「威嚇して、

よく吠えていた、

癖(へき)社長」

(転職者)

 

東証一部上場会社でもホントに事業内容やサービス内容を自分の頭で判断しないとダメですね。上場会社だからっていうのが頭にあると騙されやすく無駄なサービスにお金を払わないといけなくなります。上記しましたが大した理念があるわけじゃない会社でも上場できてしまうんです。この事実はおさえときましょう。

 

日本はまだまだそういう仕掛けが周りにたくさんあります。なくならないでしょう。資本主義金儲け主義の弊害だから仕方がない面もありますが、よくよく自分で自己防衛しましょう。鵜呑みにするということは考えるということを一部排除するということです。気をつけましょう。

 

おしまい

 

Copyright © 2017 758n's ReBlog All rights reserved.