名古屋リーマンブログ

人のフリ見て微調整。リーマンウェブログ

スケジュール通りいったためしがない、リスケどころじゃない、計画倒ればかり、一番あかんやつかも知れない。

 

何でもそうだが、昔から計画通りいったためしがない。仕事はいろんなプレッシャーがあったり、給料が絡んでるので途中まではスケジュールが遅れててもエイヤッでできてしまう場合も稀(まれ)にあるが(マレ?)、スケジュールは遅れるものとおもって計画したほうが無難だ。

 

体内時計はもともと少し遅れてる?

夏休みの宿題なり、社会に出て仕事なりしていて「期限まであと1日か2日あれば余裕だったんだけどな~。」とかいうパターンがやけに多いと感じていたが、年齢がいってくるにつれて、人間そういうふうにできている(スケジュールギリギリか少し遅れるぐらいに無意識にカラダが調整してしまっている。人というものはそういうものかな?)と思ったほうが納得し理解できるようになった。

 

自分だけではないと思いたいが、どうだろうか?

 

つたない例を1つあげる。

自分が幹事とかになって会を仕切るときは、予定どおりいかないこの感覚を逆に利用していた。

 

コンパやみんなで飲み会のとき、時間と場所を決めるんだけど、オレが幹事のときは、必ず、本当の予定時間の15分前に参加者におふれを出していた。店への集合時間は本当はおふれを出したアナウンスした15分後だ。

 

必ず15分くらい遅れてくる輩(やから)がいることを想定していた。なので自分が幹事をするときは定刻ほとんどぴったりに、遅れても数分程度で全員着席して宴がストレスなくはじまっていた。

 

だから、少なからずみんなもオレと同じリスケ感覚、無意識にカラダが予定より少し遅れてしまう体内時計を持っているんじゃないかな~と思ってたんだけどどうかな?共感には遠い?

 

 

自分がワクワクする計画

 

おもに自分に関する計画のことだとこれが如実にあらわれる。いやエスカレートしてヒドくなる。

 

自分のことだから周りの目がないという要素も加わって、スケジュールが遅れるどころか計画倒れになって途中で辞めてしまうことも1度や2度ではない

 

なので、お金をかければ(大枚をはたいたんだから)なんとか持続して最後まで計画通り遂行して良い結果が得られるんじゃないかと思って、何十万円もかけて資格をとろうと資格学校や通信教育、情報商材にお金を払ったまま、結局最後までやらないというのも1度や2度ではない

 

振り返れば、学生当時、英語か何かの学習コースを学生のときに申し込んでバイト代で数回払い込んだのちに、なぜか忘れるという暴挙にでて残回数分をおふくろが肩代わりしてくれたときから、このていたらくは始まったと記憶している。

 

本当にもったいない。はたからみればアホだ。一番あかんやつかもしれない。とても妻や家族には言えないくらい恥ずかしい。いい大人なのに、同じことを繰り返している。

 

何も計画するな

 

結局計画すらたてない方が変なストレスもないしお金もムダにならないし自己嫌悪もおきないし、よっぽどカラダに良かったんじゃないか?と思う始末である。

 

でも時間がたつと忘れてまた同じことを繰り返すのである。

 

なんでも最初はワクワクして計画を立てるんだけど、当日になったら行きたくなくなるとか、自己啓発のためにお金を支払ってしまうと、何か安心してやる気がなくなってしまって、実際に辞めてしまうことも多い。本を購入して読まなかったのも1度や2度ではない

 

自分の気持ちや感覚優先

 

自分のその時その時の思いや感情や体調を優先してしまうということだ。世間一般にこのことを何というのか?「わがまま」「気分屋」「三日坊主」「飽き性」だ。自分のことで重々認識しているからタチが悪い。

 

こんな性格でも何とかサラリーマンができてるんだから、日本は平和でいい国だ。アメリカのような競争社会ではウツになってしまっているかストレスで良からぬことを起こす輩(やから)になっている可能性がたぶん非常に高かったのでは?と思ってしまうほど競争社会には向いていない。

 

妻と結婚する前もなるべくデートの約束はしないようにして、当日に空いていたらデートする、急に誘うということにしていた。それがけっこうはまっていいデートになることも多かった。

 

旅行とかは宿泊先やツアーの旅行会社とのかねあいもあるから、急に行くとか無理なんだけど、旅行もできれば予定(計画)日を決めたくないくらいだ。

 

もともと思考が論理的にできていないから、とうぜんカラダも理屈や計画どおり動こうとすると非常にストレスを感じる。キチッキチッと決められたとおりにできない。決められたとおりに動きたくないんだ。

 

時間や時差を具体的に発明した人は恐れ入る。恐れ入るが、もともと人はぐうたらな生き物だから必要にかられて人を管理するために縛るために時間っいうものは作られたものではないのか?そう思えてしまう。

 

動物的な勘や何となくがいい

 

逆にふら~~っと入ったお店や流れで行動した場所に行ったほうが、良い結果になることが多いイメージがある。だから一人でいるのが好きなのかも知れない。他人のことを気にしなくて動けるからだ。

 

あまり語ると「自分は悪くないんじゃないのか?」病が出てきて、自己正当化しようとするし、「みんなも一緒だよね」病が発症するから、このへんにしておく。

 

 

結び

 

 いずれにしても何十万円の無駄使いは良ろしくない。計画性なさすぎ、資格関連学校や情報商材に寄付してるようなものだし、ギャンブルとなんら変わらないではないか!

 

晒して、これを機に反省し二度と起きないように自分自身を注視していく。

 

ただ、神妙になって反省するのも1度や2度ではない、、、。

 

おしまい

 

Copyright © 2017 758n's ReBlog All rights reserved.