名古屋リーマンブログ

人のフリ見て微調整。リーマンウェブログ

【W杯サッカー日本代表】VS ニュージーランド(世界ランク113位)8ケ月後のW杯に向けた最初の強化試合、愛知の豊田スタジアムで行われました。実は内なる戦いか?

スポーツの秋!

一昨日は、ニュージーランドと強化試合でしたね。

 

結果は、

 

日本 2-1 ニュージーランド

 

 

ホームだし、ランク的に格下だし、日本が勝つに決まってると思った人も多かったから、当然だと思われましたか?

 

 

いやいや、

なかなかニュージーランドも強かったですよ。

正直、よく勝てたなと思います。

ドローで御の字だったかも知れません。ホームと雨に救われたかな?

 

ニュージーランド代表の強さ

 

FIFAの世界ランクが低いのは、オセアニア圏の国だということが、大きく影響していて、あまり強い国となかなか試合ができないのも影響しているみたいです。

 

実力的には、もっと上だと思います。

アジアのライバルであるオーストラリア代表の少し下ぐらいの強さなのではないのかなとこの試合をみて個人的に思いました。

 

あと、ニュージーランド代表には、世界最高峰のプレミアリーグで活躍している選手が複数人います。

 

その中でも、

プレミアリーグに移籍金21億円でも欲しいといわれたクリス・ウッドというレギュラーFW(フォワード)の選手がいます。背番号9の選手です。慎重190cm前後の大柄なフォワードです。

 

今回の日本戦でも、吉田麻也を振り切って、見事なヘディングシュートで同点弾を放ちました。世界レベルの選手です。日本の選手とペナルティエリアで、空中でボールを競いあってジャンプして着地したあとも、体制が崩れません。

 

屈強なカラダです。さすがプレミアムリーグで点取り屋で活躍中の選手でした。

 

ちなみに、日本代表では、吉田麻也ひとりだけプレミアリーグで頑張っています。今回はウッドに完敗でした。

 

それに、いまニュージーランド代表は、まさに2度目のW杯出場に燃えている状況でした。なのでほぼベストイレブンで、日本戦に挑んできました。

 

南米予選の5位のチームと1ケ月後には、W杯をかけて国をあげての決戦が待っています。なので、負けられない状況でした。なんせ、たぶん、アルゼンチンかペルーという南米のサッカー強国と対戦する可能性が高いです。

 

非常に実力的にも厳しい対戦が予想されます。なので、まさに強化に必死さが見て取れました。あいにくの雨でしたので、残念な結果に終わりましたが、雨が降っていなかったらもしかしたら、わからない試合でした。

 

日本も強化試合のはずだけど、、

 

チャンスは多く作っていましたね。シュート数は18本でしたから、決定力の問題がまた浮上してきましたね。ですが、本田も岡崎がいないなか、コンビネーションは悪くありませんでした。むしろ、いい動きで試合運びも悪くなかったと思います。

 

ただペナルティエリアの小さな魔術師、香川のフィニッシュの精度がいまひとつなのが気になります。1本決めてくれたら安心できたんですが、大迫のPKと途中交代の倉田(G大阪)のそれぞれの1点づつだけでしたので、ハリル監督も不満げでした。

 

W杯メンバー争いで、競争だったはずですが、いまいち当落線上の選手が目立っていなかったのも、気がかりです。

 

個人的には、FWは乾と大迫でW杯メンバーは決まりだと思っています。香川、本田、浅野は当落線上ではないでしょうか?あまり自覚がないようですが、今回のPKも大迫が蹴りましたが、もっとオレが蹴る、蹴らせてくれ!っていう選手がいてもおかしくなかったはずなのに、実際はすんなり大迫が蹴りました。

 

ちょっと寂しかったです。

 

香川がボールを離さないでそのまま蹴っても良かったんではないでしょうか?悩んでいるのかな?日本のエースの自覚がないのでは?と思ってしまいました。

 

流れの中で点はとれなくても、1点は1点です。点取り屋のFWが点を欲しくないんでしょうか?ちょっと疑問です。

 

ちょっと何年か前には、中村と本田の蹴らしてくれ争いがあったりして、主役争いはみていてワクワクしました。

 

もう少し、メンバー争いで、ヒートアップしたところを見たかったです。

 

MFもすごい猛者たちがいるので、メンバー争いは混戦です。途中交代した倉田選手がいきなり点を決めちゃうもんだから、井手口(G大阪)の顔がベンチであっけにとられていたのが印象的でした。カメラにその表情が抜かれていました。

 

井手口もおちおちしてられないでしょう。まだまだ気が抜けません。ま、よっぽどのことがなければW杯メンバー当確だと思いますけど。

 

その、点を取った倉田を祝福するカタチで寄り添っていた、途中交代で入った長身FWの杉本(C大阪)のうらやましそうな表情も印象的でした。仲間が得点してくれてうれしいんだけど、点を取ったのはオレじゃない、みたいな。

 

イケメン杉本、残念!って感じです。点を取れば一躍ヒーローでしたね。そうそううまくはいかないよね。世界が相手だからね。次のハイチ戦に期待しましょう!

 

MFの小林は良かったです。落ち着いてプレーしていました。長谷部の代役になりうる選手ですね。アイデアも素晴らしい。今回の交代選手の中では、FWの乾と並んで、好印象だったと思います。解説者も褒めてました。

 

結び

 

なかなか実力拮抗した面白い試合でした。代表争いも面白かったです。今回、FWの倉田はラッキーボーイでしたね。位置取りも実力のうちだから、良かったと思います。

 

次の(10月10日火曜日)ハイチ戦も楽しみです。こちらは世界ランクも48位です。日本もあなどれませんね。楽しみです。

 

FWは原口とか久保が活躍するのか、香川はどうなのか?

ぜひ、みんなで引き続き応援しましょう!

 

おしまい

 

Copyright © 2017 758n's ReBlog All rights reserved.