名古屋リーマンブログ

人のフリ見て微調整。リーマンウェブログ

カブトムシ(aikoじゃないよ)が欲しい!どうしても欲しい!!あきらめないぞ!

 

幼少期、保育園児

 

また季節柄ネタです。

 

夏が来ると思い出す(またか)。

www.758n.nagoya

でもほんと、最近なんだけど何で思い出すのかな?と思っているところです。

こんなたわいもない話なんですが、、、、。

 

 

実家は三河の田舎で、昔は、よく神社の裏山へ行けば、カブトムシが良く取れました。悪ガキがこぞってクスノ木などを蹴って、ボトボトとカブトムシやらクワガタやらが落ちてきて、ペットショップへ持っていったりして、おこずかい稼ぎにもなったもんです。なつかしいな~。いい時代でした。いまは私有地とかめんどくさい縛りがあるので、なかなかいけないみたいですね。

 

ただ、保育園児のときの話なんで、ひとりでまだ危ないから、山に取りになんていけないわけです。

 

たぶん、テレビか絵本、図鑑かなんかでみたんでしょう。もしくは誰かが保育園でカブトムシを見せびらかしたんでしょう。



 

カブトムシ!カブトムシ!



そして、欲しくて欲しくてたまらなくなったんでしょう。親父には頼めなくて(厳格頑固おやじで怖いから、情けない)とうぜん、お袋に、「カブトムシが欲しい」と懇願していました。

 

安易に与えるのは教育上良くないと思ったりしたんでしょう。いま思えば当然です。4人兄弟の長男だったし、下の子供たちにもしめしがつきません。

 

「ダメ、絶対ダメ!、そんなの、$%&、###,〇〇、、××、△◽︎・・」

 

けんもほろろでした。

 

ですが、当時の保育園児(わたし)はひるみません。全身全霊、一点集中で「カブトムシが欲しい、どうしても欲しい!」と、、、。それも一日中、そればっかり。

 

ときには一目もはばからず泣きわめき、ときには家事中に抱きついて振り払わられ、お袋の運転中、車の中でもお願いし(あぶないね)3日ほど続いたでしょうか。

 

遂にお袋は撃沈してくれました。地元の商店街でカブトムシ君を1匹買ってもらいました。(いまだとメダカが袋に数尾入ってスーパーでたまに売ってる感じ)

 

そのカブトムシ君はどうしたのか、うまく飼育したのかとかの記憶もなく、お袋に買ってもらうまで苦労した(お袋はもっと苦労したんだけど)過程だけが、いまも鮮明に覚えています。フラッシュバックします。

 

妻にも話してみた



妻にこのことを、何かの折りに話してみました。案の定の反応で、「おまえ、アホか~~、長男のくせに何やってるの~~、恥ずかしいわっ!!へなちょこだったんだね、当時。わたしだったら、絶対そんなもの買ってあげな~~い!」とけんもほろろでした。まあ、言われてみればほんとうにそうで。

 

妻に話して以来、パソコンを買い替えたいとか、机が欲しいな~とか言うと、「それ、カブトムシが欲しい病?、お義母さんみたいに、私は甘くないからね。」と言われる始末。半分、冗談だけど、ちょっと感じが悪い。

 

こう見えても、ちょっと気にしてるんだよね。幼少期のこととは言え、申し訳なかったな~と思っていました。なので、実家に行ったときに、お袋に確認してみました。

 

おふくろに確認した



「あのさあ、おふくろ、、カブトムシのこと、、、覚えてる!?、、、、。なんか最近になってよく思い出しちゃってさ~、謝れってことかと思って、確認したわけさ~。申し訳なかったね。」



「、、、、まったく覚えてないわ~そんなもん。そんなことが本当にあったの?ぜんぜん覚えてないわ!はははは~~~。とうもろこし食べる?ゆがしてあげようか?」



っていう反応でした。おふくろはまだ認知症じゃないから、本当に覚えていないんだね。



おふくろが、万が一、認知症や寝たきりになっても、介護で面倒はちゃんと見るからね。専門家の手を借りてでも、おふくろをじゃけんにすることはないからね。一生懸命、全身全霊をかけて介護します。なんか自然とはっきり自覚して決意できました。長男だしね。

 

わがまま聞いてくれて(カブトムシ買ってくれて)、アホな長男を見放さずに育ててくれてありがとう!おふくろ!!あらためて感謝!

 

結び



なんだこのブログ、書いててよくわからんけど、、、、親に感謝感謝です。とくに母親には頭が最近あがりません。中年になってくると息子はこういう感じになるのかな?世話をかけさせた分、親を大事にしようと思うのかな?

 

うちの両親は、お金がなくて(裕福じゃないという意味)いろいろ買い与えてくれたわけではなかったけど、昔から自由にさせてくれました。オレには、その育て方があっていたと思う。決して恩着せがましくもしないし、気がつくと実家に寄ってみようかな?と思わせてくれる。これっていい感じなのかな~。


親御様、もしお子様が興味を持ったら、自然のある田舎の山々で一緒に夏休みにでも、カブトムシやクワガタを一緒に取ってあげたらいい想い出になりますよね~。わたしのように、年をとっても、記憶に残してくれるかも知れません。買ってあげるのもいいんですけど。

Copyright © 2017 758n's ReBlog All rights reserved.