【2018 FIFA ロシアワールドカップ】日本代表はホントに凄かった!!後々(のちのち)のためにざっとおさらいしま~す。

 

4年に1度のFIFAワールドカップ、

連日の熱戦、

 

soccer_flag_woman

 

アップセット、大番狂わせ、スゴイ試合が多い多い。

深夜ライブ中継は楽しみだけど、リーマンにはツライツライ。

 

なのでブログ更新も怠りがち、、、。

 

すごかった日本代表をあらためて簡単に振り返ろう!!

 

日本代表の予選組み合わせとその結果

 

日本代表はグループA~Hまであるなかの、

グループHでした。

 

※NHK公式ソフトより

yosen-kekka

 

 

さすがですね~。

 

① 日本VSコロンビア

 

リアルタイムで見てました!!

 

4年前のブラジルでのワールドカップで、

コロンビアには1-4で負けています!点差以上に、実力差を感じたチームでした。

戦前には、また惨敗するのでは?という不安が大勢を占めてました。

 

いきなり開始数分で、

コロンビアのサンチェスという選手がペナルティエリア内のハンドで故意的とみなされて、

PKのみならず退場させられて10人になり、香川もPKを見事に決めて、

試合を有利にすすめました。

 

まさに日本にとっては、これ以上ない展開でした。

神風が吹いたと思いました。

(昔の元寇?が一瞬、頭をよぎったのは私だけ?)

 

エスコバルの悲劇も思い出されました。

バーで「オウンゴールをありがとう」と言って、

撃たれたコロンビアの選手のエスコバルです。

 

めっちゃ怖いですよね。サンチェスが二の舞にならなきゃいいけど、、。

このサンチェスさんは、決勝トーナメントのイングランド戦でもPK献上しちゃったみたい。

わざとじゃないから許してあげてね。コロンビア国民さん!!

 

なんだかんだ、

日本が1人少ないコロンビアを相手に有利に試合をすすめて、

1度は、

前半終了間際にキンテロの絶妙な壁下抜きのフリーキックで追いつかれたんですが、

後半25分過ぎ、

本田のコーナーキックからの大迫のヘディングシュートで再び引き離して、

これが決勝点になったのでした~~。

 

す、すばらしい!

戦前は下馬評が、めっちゃ低かった日本代表でしたが、

この勝利で、日本中が手の平返しで大盛り上がりに盛り上がりました!

 

だって、グループHで1番強いと言われてたコロンビアに勝っちゃったんだもんね。

ワールドカップで南米の代表にアジア代表が勝ったのも、初めてというおまけ付きでした。

 

歴史を変えちゃったってことだよね、

さすが我らが日本代表!!

4年前のリベンジも果たしましたー!!

 

② 日本VSセネガル

 

続いて第2戦、コロンビア戦の勢いをそのままにといきたかったんですが、

このセネガルもシセ監督のもと、初戦のポーランド戦を一蹴して快勝してきました。

 

正直、セネガルがこのグループで一番強くね?と思ったぐらい、

身体能力と組織力がずばぬけてました。

 

戦う前から、負けても1点差でお願い!

 

って消極的な感じで観戦していました。

 

リアルタイムでみてて、やっぱ強いな~、セネガル、

日本もよく抑えて頑張ってるな~って感じだったんですが、

 

結果は2-2の同点で終わりました。

うまくいったら、勝てたかも的な試合を日本代表はみせてくれました。

 

乾とケイスケホンダが2回も追いつく、ビューティフルゴールを決めてくれました。

 

乾は閃光一千!本田はうまく荒れ球を抑えてのベテランの抑えの効いた、

両方とも同点ゴールでした!!

 

乾のゴールは、セネガル相手でもやれるぞ!

っと思わせてくれて日本国民みんなが勇気ずけられました。

 

本田のゴールはまさにケイスケホンダ!

決定力がすごい、やるときはやるぞ!って有言実行の男でした。

いずれも凄すぎるゴールでした。

 

これで勝ち点4!

一気に決勝トーナメント進出の可能性が高まりました!!

 

③ 日本VSポーランド

 

ポーランドは戦前の予想ではFIFAランクも8位で1番グループHでは強豪とみなされて、

組み分けでもポット1に入った8ケ国のなかの1つでした。

 

が、、、、結果はセネガルとポーランドに敗れて2連敗、

早々と予選落ちが決まってしまいました。

 

何が起こるかわからないワールドカップ、

 

だって日本はポット4の組み分けでした。ポット4っていいかえれば最弱8ケ国の中の1つです。

((+_+))

※括弧内の順位はFIFAランキングで組み合わせ時点のものです。

■ポット1
ロシア(65位)※開催国
ドイツ(1位)
ブラジル(2位)
ポルトガル(3位)
アルゼンチン(4位)
ベルギー(5位)
ポーランド(6位)
フランス(7位)

■ポット2
スペイン(8位)
ペルー(10位)
スイス(11位)
イングランド(12位)
コロンビア(13位)
メキシコ(16位)
ウルグアイ(17位)
クロアチア(18位)

■ポット3
デンマーク(19位)
アイスランド(21位)
コスタリカ(22位)
スウェーデン(25位)
チュニジア(28位)
エジプト(30位)
セネガル(32位)
イラン(34位)

■ポット4
セルビア(38位)
ナイジェリア(41位)
オーストラリア(43位)
日本(44位)
モロッコ(48位)
パナマ(49位)
韓国(62位)
サウジアラビア(63位)

その日本が勝ち点4で、ポット1のポーランドが勝ち点0で対戦するなんて、

世の中わかりません。

ポーランドは敗退決まったんだから、日本有利!?って思うよね。

 

※ワールドカップ直前の最新FIFAランク(2018-6-7時点)はこちら

■トップ10
1位 ドイツ
2位 ブラジル
3位 ベルギー
4位 ポルトガル
5位 アルゼンチン
6位 スイス
7位 フランス
8位 ポーランド
9位 チリ
10位 スペイン

■ロシア・ワールドカップ出場32カ国
▼グループA
ロシア(70位)※開催国
サウジアラビア(67位)
エジプト(45位)
ウルグアイ(14位)

▼グループB
ポルトガル(4位)
スペイン(10位)
モロッコ(41位)
イラン(37位)

▼グループC
フランス(7位)
オーストラリア(36位)
ペルー(11位)
デンマーク(12位)

▼グループD
アルゼンチン(5位)
アイスランド(22位)
クロアチア(20位)
ナイジェリア(48位)

▼グループE
ブラジル(2位)
スイス(6位)
コスタリカ(23位)
セルビア(34位)

▼グループF
ドイツ(1位)
メキシコ(15位)
スウェーデン(24位)
韓国(57位)

▼グループG
ベルギー(3位)
パナマ(55位)
チュニジア(21位)
イングランド(12位)

▼グループH
ポーランド(8位)
セネガル(27位)
コロンビア(16位)
日本(61位)

相手は意気消沈って思うけど、やっぱりポット1のプライドがあります。

1つも勝てなくてロシアを去るなんてできません。

 

過去のワールドカップでも2連敗のあとポーランドは必ず勝ってるデータがあるんだって。

 

なんか負けそうな気がする。

日本代表は6人もメンバーを入れ替えているし、、、。

(T_T)

 

相手のポーランドのFWはワールドクラス級で、

レバンドスキって言うんだって。

両足でシュートできて、足技もうまくて、ヘディングシュートもうまくて、走るのも早くて、

守備の意識もある、トータル的に世界一のストライカーって言われても過言でないフォワードなんだって。

 

で、案の定、1-0で負けました。

 

相手はプレッシャーがなくなったのか、カウンターが鋭くてノビノビとプレーしていました。

なので2点目をもしかしたら入れられそうな雰囲気もありました。

 

日本も別のスタジアムのコロンビアVSセネガルを見ながらの戦いだったみたい。

 

コロンビアが1-0で勝ってる情報が入ったら、後半も大詰めだったので、

日本代表は最後の10分間はボール回しのみの選択をして1-0でそのまま敗れました。

ポーランドも1-0で勝てるので、無理にボールを取りにきません。

ただ、セネガルが1点とってコロンビアに追いついてたら、このボール回し戦略は、愚の骨頂だったんですが、

コロンビア1-0セネガルで、コロンビアが勝って、

 

西野監督は見事に賭けに勝ちました!

 

 

見事、日本代表が決勝トーナメント進出です!!

(^◇^)

h-juni-hyoupng

 

勝ち点4はセネガルと同じで、

得失点差も、

直接対決もまったく同じ!

 

じゃー、どうして日本が決勝トーナメント進出できたの?

 

フェアプレーポイントの差だって!

 

ようはファールの差?情報番組でもいろいろ解説されてました。

feaplay-pointpng

 

日本代表が引き分け以上だったら、文句なしだったけど、

やはり強豪国そろいのワールドカップ、そんなに簡単ではありません。

 

でも、いいんです!(カビラ調)

 

いけたんです、決勝トーナメントに!!

喜びましょう!

 

他力本願など、いろいろなご批判を世界各国から言われたりしてますが、

(特に韓国メディア)

 

何もセネガルに気兼ねすることはないんです。

ルールにのっとってボール回ししたんだから、

いいんです!!

 

胸張って決勝トーナメントに進みましょう!!

 

ロシアワールドカップ決勝トーナメント組み合わせ表

 

kessyou-tonamento

 

ロシアワールドカップ1次リーグ勝敗表

※中日新聞より

1ji-league-kekkapng

 

決勝トーナメント・ベスト16のベルギー戦

 

 

ベルギー、めっちゃ強いです。

チョコレート大国ですが、甘くないです!

 

最新FIFAランクが堂々の3位です。

1位がドイツで2位がブラジル

ドイツは今回は大番狂わせで予選落ちしました。

 

ベルギーは、予選も余裕で2戦目で決勝トーナメントを決めた強豪です。

3戦目もイングランドに予選で勝って3連勝、決勝トーナメントに備えて、

キーパー以外、10人を入れ替えて臨んだ結果だから、余裕ぶっこきまくりです。

 

なんで温存人数が日本と大違いです。日本は6人温存できましたが、

要の柴崎と長友と吉田麻也と酒井宏樹は出ずっぱりです。

岡崎はポーランド戦で負傷交代気味でしたので、ベルギー戦は出られません。

 

ただ過去の対戦結果は悪くないです。

2勝1敗2分けです。

なんと勝ち越ししています。

 

でも2002年の日韓W杯が本番最後の対戦で、引き分けでした。

でも15年以上前のベルギーと今のベルギーは、まったく別のチームです。

 

いまはピッカピカの黄金世代と言われている、身体能力も高い組織力も桁違いで、

ワールドクラスの選手が控えのメンバーにもうじゃうじゃいる、ブラジルと同格のすごいチームです。

 

なので、

半年前の日本との親善試合では0-1で見事に敗れています。

まだハリルホジッチ時代でしたけど。

たぶん、ベルギーは本気を出してなかったと思うけど。

 

 

で、本番、

結果は2-3で敗れました。

 

でも日本は世界から称賛されました。

今でもすごい試合だったと海外メディアから褒められまくりです。

 

前半は0-0で、日本が何とかしのぎ切りました。

これで何とかいけると思ったのでしょうか、

 

後半開始早々、10分の間に、立て続けに、

日本がゴールを決めてしまいます!

 

原口が柴崎からのスルーパスから相手DFを振り切って、

見事にゴール左隅み決めてしまいました!

 

自宅はマンションで深夜4時ですが、まわりの部屋から雄たけびが聞こえます。

(^◇^)

 

2点目は乾がまた、得意の角度からベルギーDF陣を香川とのコンビネーションで切り裂いて、

また閃光一千!右隅にゴールを決めました~~!!

 

また雄たけびがテレビ以外からも聞こえます!

(^◇^)

 

相手ベルギーのスーパースターのアザールという選手も、

イライラしているのがわかります。

 

相手監督も天を仰いでました。

 

ですけど、嫌な予感、

2-0だけど、早く点取りすぎた?

追いつかれるな、きっと。このままのわけがない。

 

予感は的中、天を仰いでいた相手のベルギーの監督は、優秀でした。

 

ワールドクラスの選手を2枚、一気に替えてきました。

で、この2人が見事に活躍しました。

 

1点目は、アンラッキーな相手のヘディングがフワリとゴール前にあがって、

川島の頭上を越してそのままゴールに入ってしまったんですけど、

 

2点目はセットプレーから、フェライニという194cm85kgの選手に、

ヘディングでキレイに決められました。文句なしで同点です。

 

ここまでは、しょうがない、織り込み済みだったんですが、みんなもきっとそう思ってたんですが、

ここから、本気のベルギー、世界レベルのベルギーを見ました。

 

日本も柴崎に替えて、山口蛍、

宇佐美に替えて、本田を投入しましたが、

 

ベルギーはその上を行きました。

 

アディッショナルタイムに、

本田のコーナーキックを相手キーパーにキャッチングされて、

そのまま、日本のゴールまで超がつく高速カウンターです。

 

ベルギーのゴールから日本のゴールまで9秒代でつながれて、

替わったシャドリというMFにキレイに決められました。

一瞬でした。

 

日本のDFの昌子(ショウジ)も、必死に追いつこうとしましたが、

あと1歩でシャドリに追いつかずに、決められてしまいました。

 

あれは川島も防ぐことはできません。

昌子は地面をたたいて悔しがって泣いてました。

 

そのままタイムアップ、試合は終わりました。

なんか終わった瞬間はあっけにとられてしまいました。

 

日本はじめてのベスト8まで手が届いていたのに、達成できませんでした。

ホントに残念でした。(@_@)

 

2-0とリードしてて、後半残り25分ほどで

2-3の逆転負け、、、。

これが本気の世界レベルの凄さか、、、、。

 

すごい試合をみせてくれました。

 

最後の西野監督のインタビューも、

「何が足りなかったんでしょうね、、、。」と言って、

次の言葉がしばらくは出てきませんでした。

 

試合後、ベルギー代表のアザールも、

「負けてもおかしくない試合だった。」

と記者会見で語っていました。

 

こうして日本代表は、ロシアを去ることになりました。

 

長谷部、本田が日本代表を引退することを表明し、

西野監督も約束だったそうで、退任ということになりました。

 

ありがとう、日本代表!!

夢を見させてくれてありがとう!!

 

攻撃的で点も取れて、世界と堂々と渡り合って、

海外メディアから評価も高まって、クリーンな試合運びも日本らしく、

日本代表を誇らしく思わせてくれて、日本に生まれて良かったとあらためて思いました。

 

めっちゃ楽しかったロシアワールドカップでした。

ありがとう日本代表!!

 

ハリルホジッチ前監督もありがとう!

あなたのデュエルと縦に早いパスもしっかり受け継がれていましたよ!

 

つぎのワールドカップも楽しみです!

4年後、ロートルリーマンやってると思うけど、

深夜でも、またバリバリ、リアルタイムで見ると思うよ!

(#^.^#)

 

 

追記

 

7/7(土)日本時間3時からの、

ベスト8の

ブラジル VS ベルギーの試合、

FIFAランク2位で、大会最少失点のブラジル、

FIFAランク3位で、大会最大得点のベルギー、

という対決でした。

結果は、、、。

 

 

2-1でベルギーが勝ちました!

文句なしの実力勝ちです。

 

このまま優勝して欲しいです。

日本の強さもこれでまた、倍増して語り継がれるでしょう!

嬉しいです!!

 

おしまい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です