【20日締め月末払い】社会保険料を控除する?しない?手取りを増やすために切実です!(給与事務はどうだった?2018年9月20日締め)

こんにちは、ナゴヤんです。

 

「今月の給与事務はどうだった?」

勝手にシリーズ化の第2弾です。

前回は「64歳以上の雇用保険料(2018年8月20日締め)」についてでした。

【給料日20日締め月末払い】64歳以上は雇用保険料が免除されるの?2018年8月20日締め給与事務

 

2018年9月20日締めも、無事に終わりました!

 

順調でした。給与明細を送付後の、問い合わせや、間違いやミスもなく、無事、金曜の夜を迎えております。

(^◇^)

とりあえず、良かったです。

 

今回、リアルに、事前に相談を受けたのが、

「社会保険料の控除(引く)」についてでした。

社会保険料=健康保険料+厚生年金保険料

 

2つのケースについてです。

「退職者の退職日」

 

パートさんですが、

社会保険加入者の「退職届」が届きました。

退職予定日が8月31日でした。

 

退職予定者の所属長に確認しました。

 

ナゴヤん

8/21~31まで、多めにみて20,000円分、働かないと給料から、社会保険料とか住民税を控除できないけど大丈夫かな?

 

大丈夫だと思うけど、確認してみます。

所属長

 

ナゴヤん

もし、31日勤務予定がなければ、退職日8/30とか29日とかを退職日にすると、社会保険料については、控除しなくてもよくなるんだけど、、。

  

そうなんですか?じゃあ、それもちょっと聞いてみますね。

所属長

 

ナゴヤん

退職後、どのみち国保(国民健康保険)に入るなら、あとで市から国保料を徴収されるから、そんなに違いはないけどね。一応確認してみてください。

 

—-所属長が、電話で退職予定者に確認後—-

 

やっぱり、少しでも給料の手取りがあったほうがいいので「8/30を退職日に変更したい」とのことでした。それでお願いします。

所属長

 

ナゴヤん

了解です。じゃあその方向で。

 

 

「社会保険加入日」

 

次の人も、パートさんで、

「手取りを少しでも多く欲しい、社会保険料は多く引かれるのでヤダ」という理由で、

毎月120時間未満労働(正社員の3/4以内労働時間)でおさえて何年も働いていたんだけど、

いろいろ考えて、将来の年金のために、社会保険に加入したいとのこと。

 

MEMO

うちの会社は500名以内の会社なので、

毎月120時間以上の労働時間でないと、社会保険に加入義務はありません。そういう運用ルールです。

過去の参考投稿です。
【社会保険(健康保険+厚生年金保険)】に加入してくれませんか?「ヤダ、入りたくない!どうしても入りたくないんです!!」

本人の希望もあり、会社に売り上げの点でも、貢献してくれている方なので、

所属長からの推薦(要望)もあり、結果、

雇用契約書を結びなおして(労働時間を多くする)、社会保険に加入することになりました。

 

「それでいつから?」

 

ということになったんだけど、

 

 

8/21からの加入だと、今月の9月20日締め末払いの給料振込分で社会保険料が引かれます」

 

9/1からの加入だと、翌月徴収なので、10月20日締め末払いの給料振込分で引かれます」

 

 

さて、どうしましょう、、、か?

 

 

結局、

 

加入予定者に確認したら、

 

「今はお金がないので、9/1から加入でお願いします!!」

 

という返答でした。

「10/20締め末払いの給料振込分から控除することになりました」

社会保険料を控除する?しない?まとめ

 

理由はいずれのケースも、

 

「いまは手取りが多いほうがいい」

だったり、

「いまはお金がない。」

ということでした。

 

みんな、「ギリギリで生活してるの?」って感じの理由だけど、

Σ( ̄□ ̄|||)

 

実は、

「なんとなく給料から引かれる金額は1円でも少なく」という本能的な反射的な考えのような気がします。

 

頭の思考回路が、反射的に邪魔してるんだろうなと、個人的に感じました。

 

選択を迫られたら、とりあえず目先のメリットを考えて、

「少しでも払うのは、遅くにして欲しい」みたいな。

 

 

結果、表面上、お2人のケースとも、

「切実な理由」で「手取りを多く」

の方向で処理をしました。

 (´・ω・`)

 

どちらでも、本人の自由ですけれど、

 

長い目で考えたら「少しでも早く社会保険に加入しておいたほうが、、、」と個人的に思います。

将来の年金に1ケ月でも多く、反映させたほうがお得なのは確かなので。

 

その人の寿命とのかねあいもあり、損得勘定については、他人が口を出すことではありません。

(´・ω・`)

 

もう1つ、早く払ったほうがいいと思う理由が、、、。

 

年金の考え方は、「相互扶助」です。

現役の若い世代が、現役を引退した人の老後を支えるのが趣旨の制度です」

network-1019737_640

なるべく、早めに加入して、社会保険料を払って、

「損得の得ではなく」て、

徳を積むほうの徳」の考えでいたほうが、

よい方向に人生まわっていくような気がしますが、どうでしょうか?

 

結局は、その人の生き方や考え方しだいですね。余計なことなのかも知れません。

(^_-)-☆

 

来月も給与事務、頑張ります!今月もお疲れ様でした!!

(^◇^)

 

おしまい

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です