現金派?カード派?リアル店舗で買い物するとき、あなたはどちら派ですか?でも時代はキャッシュレス?現状を認識しておきましょう!

小売業界のリーマンなので、認識してることを公開します。

で、数十年の実体験つきの、ポジショントークです。

 

数分で読める内容ですので、よろしければおつきあいください。

 

 

「生まれた世代」

「生い立ち」

「お金に対する感覚」

「生活レベル」

「家族の影響」

 

などなど、いろいろな理由があいまって、総合的に決まりますよね。

「現金派」か「カード派(キャッシュレス派)」か、、、。

 

どちらが、いい悪いは、別にして、

時代は、キャッシュレスに向かっています。

 

bitcoin-3029366_640

 

「キャッシュレス=現金をなくす」

「キャッシュレス=カード、電子マネー、モバイル決済や仮想通貨などなど」

 

この方向↑です。

 

 

小売店の決済割合は?現金が多い?カード派が台頭!?

 

実際に、買い物は、現金がまだ多いのでしょうか?

それともカード決済が多くなっているのでしょうか?

 

 

わたしの会社は、物販で、小売店を、名古屋を中心に何十店舗も展開しています。

販売価格は、ピンキリです。

 

何百円のものもあれば、何万円の商品もあります。

実際の数字をもとに、決済比率の現状を認識します。

 

☆バックオフィスの仕事として、経理の年1の決算作業の折に、かならず決済比率は、集計しています。 決算概況に記載しないといけないからです。

 

名古屋駅の店舗は?栄駅は?豊田市は?

 

【名古屋駅】店舗
ーーーーーーー

現金決済=60%
カード決済=40%

ーーーーーーー
「周囲の市や街からいろんな客が集まります」

 

 

【栄駅】店舗
ーーーーーーー

現金決済=80%
カード決済=20%

ーーーーーーー
「老若男女(ろうにゃくなんにょ)の世代が遊びにきます」

 

 

【豊田市】店舗
ーーーーーーー

現金決済=70%
カード決済=30%

ーーーーーーー
「天下のトヨタ自動車関連の会社が多く、富裕層も一定割合います」

 

 

ざっくりですが、去年1年間のリアル店舗の平均の実績値です。

ネット販売ではありません。

 

 

こうしてみると、

あまり法則性や規則性がありません。

 

名古屋駅や栄駅は、一等地で土地の価格が高いところに出店しています。

人が賑わう、いわゆる繁華街です。

 

それなのに、豊田市の店舗よりも、

カード決済率の低い、栄駅の店舗のケースがありました。

 

繁華街がカード決済率が多くて、

郊外は、カード決済率が低いとは言えません。

(´・ω・`)

 

 

豊田市は、愛知県のなかでも、トヨタ本社はじめ自動車関連の会社も多く、富裕層も多いですが、

思ったほど、突出して、カード比率は高くはありません。

 

生活に余裕があるから、

富裕層はカード派で、

貧困層は現金派、

ともいいきれる数字ではありませんでした。

 

 

法則性や規則性がなければ、逆に、キャッシュレスを推し進めやすいですね。

「ある都市部からの反対運動」

「一定以上の富裕層からの反対行動」

がありませんからね。

bitcoin-3090250_640

 

わたしの会社の全店舗の平均決済割合は、

ざっくりですが、

 

75%が現金
25%がカード

です。

 

ほんの十数年前は、たぶん、感覚値ですが、

85%~90%が現金で、
15%~10%がカード決済

でした。

 

それに比べれば、まずまず増えています。

自然増的な増え方ですね。民間会社の努力のたまものもありますね。きっと。

 

民間会社の努力だけでも、今後も増えていくでしょうけど、

急激に伸ばすには、政府主導の力が必要です。

 

東京オリンピック(2020)をキッカケにして、キャッシュレス時代へ向けてまったなしです。

 

 

キャッシュレスを目指すうえでの対策

 

「カードや電子マネーの所有者に信用(政府のお墨付き)を与える」

「日本の硬貨や紙幣の信用価値を日本のキャッシュレス基盤に移行する」

「小売店の、高額なカード決済端末に、政府から補助金を与える」

「小売店がカード会社に払う手数料率を法律で下げる」

「スマホを活用してモバイル決済の仕組みを構築する」

「電子政府化を推進してセキュリティを強化する」

「ビットコインなどの仮想通貨の流通化」

「.........」

 

 

 

いろいろ、まだまだたくさん対策はあります。

人手が圧倒的に足りません。

 

AI(人工知能)にある程度、支配される(行わせる)しかありませんね。

そんなことできるんでしょうか?

 

不安です。((+_+))

 

cryptocurrency-3424624_640

 

生活しづらくなる?現金決済派

 

現金派の人は、住みにくい世の中になってきます。

政府が本気なら、多少不便になっても、キャッシュレス化を強行に推し進めるでしょう。

 

「お金じたいが好き」

「お札が好き」

「財布の中に、向きをキレイにそろえておさまっている体(てい)が好き」

 

そんな感覚すら、許されない時代になってくるんですよね。

Σ( ̄□ ̄|||)そ、そうなの?

 

 

電子マネー、チャージで残高管理、もしくは信用情報のついたクレジットカードで決済管理、

残高確認を把握して、数字の世界で、事足りるようになります。

 

レジで、硬貨のやり取り、紙幣のやりとりがなくなります。

レジのドロワー(小銭と紙幣入れ、自動開き機能)も存在自体がなくなります。

 

 

現金派?カード派?まとめ

 

 

日本の、リアル店舗の決済手段は、現在、ざっくり、

 

現金が75~80%
カード決済
(キャッシュレス)が
25~20%

 

とみて、おおむね間違いないでしょう。

(仕事で調べた結果と感覚値から)

 

ちなみに、隣国の、

韓国は96%、

中国は60%、

のキャッシュレス化を実現しています

(引用元:経済産業省)

(@ ̄□ ̄@;)!!

Σ( ̄□ ̄|||)エッ!そうなの?

Σ( ̄□ ̄|||)ビックリ

 

 

 

何年後かには、日本も劇的に決済率が変化しているのでしょうか?

それに伴って、日本も変わってきているのでしょうか?

 

楽しみでもあり、個人的に時代に追いついていけるか不安でもあります。

 

デジタルデバイド(情報格差)にならないように、若さを保ち、アンテナを張っておきましょう!

具体的な対策は、おのおの考えてね。

(^◇^)

 

 

おしまい

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です