【扶養内パートの金額は?】2018年も103万円が無難?130万円や150万円じゃないの?

本日、会社の従業員から質問を受けましたので、

バックオフィスで仕事をしている、わたしの見解を投稿します!

 

(前提)2017年までは、

「扶養内といえば、103万円が一般的でした」

 

2018年からは、一筋縄(ひとすじなわ)ではいかなくなりました。説明もしづらいです。

 

従業員(妻でパート)の、

「扶養内で働くにはいくらまでが上限ですか?」

 

 

この質問に、簡単に答えられますか?

2018年からは簡単に答えられなくなりました。

 

old-people-616718_640

 

ですが、私は簡単(安易)に答えました。

 

 

 

「103万円です。」

 

 

 

一言で終わりました。

Σ( ̄□ ̄|||)えっ!!?

 

「2018年からは103万円じゃなくて、150万円の収入までじゃないの?」

 

 

理由は以下の4つのリスクがあるからです。

 

RISK

1.夫の就業している会社の扶養手当等がなくなる場合も

2.自ら働くパート収入に所得税がかかる場合も

3.106万円と130万円の壁にひっかかる場合も

4.配偶者控除は夫の年収によって全額控除できない場合も

 

 

1.夫の就業している会社の扶養手当がなくなる場合も

 

扶養手当、これって案外大きいです。

月額2万円はだいたいの会社がついてるとのこと。

 

配偶者の年収が、

103万円以内であれば65.9%の会社が、

130万円以内であれば29.5%の会社が、

 

扶養手当(家族手当)をつけているというデータがあります。

 

妻がパートで働きすぎると、150万円以内におさめても、この手当が無くなってしまうかも知れません。

☆無くなるかどうかは、夫の会社のシステムや就業規則によります。

 

もちろん、パートが働く会社の総務部(わたし)は、夫の会社の事情など知りません。

そんなことで、

「働きすぎて、夫の扶養手当が無くなったから、責任を持て」と言われても困ります。

 

 

「103万円までにおさえる理由の1つです」

 

 

2.自ら働くパート収入に所得税がかかる場合も

 

103万円を超えても、2018年から、配偶者控除は150万円までの枠が与えられます。

 

ただし、

「パート(妻)の給料には、103万円を超えれば、所得税がかかってきます」

これは、2017年までと何ら変わりません。

 

配偶者控除ばかり気にしていますが、103万円を超えれば、

自分(妻パート)のほうに所得税がつくことを気づいていないパートさんがほとんどです。

 

「103万円までにおさえる理由の1つです」

 

 

3.106万円と130万円の壁にひっかかる場合も

 

社会保険の壁です。

 

106万円は、今は501人以上の大きめの企業のパートだけですが、

中小企業のパートも、近々、同じように適用になるように審議されています。

早々になるでしょう。

 

「103万円までにおさえる理由の1つです」

 

パート収入が130万円を超えると、夫の社会保険の扶養になることができなくなります。

(+_+)

家計に響きます。

 

4.配偶者控除は夫の年収によって全額控除できない場合も

 

夫の年収が1220万円を超えると、妻のパート103万円以内でも、配偶者控除は受けられません。

2017年までと変わったところです。高額所得者は、適用除外になりました。

 

夫の年収?

もちろん、妻がパートで働く会社の総務部(わたし)は、夫の年収など知りません。

そんなことで、

「夫の年収のことまで聞かれなかった、責任を持て」と言われても困ります。

 

「103万円までにおさえる理由の1つです」

 

 

扶養内2018年も103万円が無難?まとめ

 

以上、4つの点から、

「扶養内は103万円です」

 

と伝えておいたほうが無難だというのが、わたしの見解です。

 

それで、ネットで調べて聞きかじってきたことを、またぶつけてきたら、

その質問だけに答えましょう。

 

逐一、個々の従業員に、一から説明することはありません。

ペラ紙1枚で、案内しても、読まないのがオチです。

 

質問してきても、

「最後は自分の責任で判断してください」

この一言を添えればいいでしょう。

 

money-rain-1013702_640

 

150万円に枠が広がったと言っても、妻がパートとして働く会社の総務部担当者は、

安易に「150万円まで扶養内になりました」とは到底(とうてい)アナウンスできません。

 

社内にアナウンスして150万円を鵜呑み(うのみ)にされてしまうと、

思ったよりパートさんの家庭の「手取り収入」が少なくなるケースが出てくる場合があるからです。

 

注意

「夫の会社の扶養手当の数万円が、もしも無くなると一大事です」

「社会保険料負担は、所得税より負担金額がはるかに大きいです」

「103万円超えだと、妻のほうに所得税がつくのは2017年までと変わりません」

「103万円以内で働いても、夫が高額所得者であれば配偶者控除がなくなります」

 

「扶養内はいくら?」

わたしの「103万円です」は反対意見が多いかもしれませんが、

改正に世間がなじむまでは、リスクは少ないと思っています。

 

2018年以降は、

 

安易に判断せず、たくさんググって、なるべく自分で認識してから、

まわりの人に質問して、理解を深めることをオススメします。

 

おしまい

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です