FX(外国為替証拠金取引)って聞いたことある?過去の大失態を晒しておきます。2度と同じことが起きないように、、、。

FX(外国為替証拠金取引)

レバレッジ(てこの原理)で元手を数十倍、数百倍にして、ドル円、ユーロ円、ユーロドル、ポンド円、ポンドドルなどのボラティリティ(乱高下)の相対的に激しい基軸通貨をペアで主に取引して為替差益を狙う投資のことです。

10年ほど前、FX取引で200万円を失った

いや〜、あのときは酷かったね〜。

 

初心者ロングの買いいっぺんとうで、だれでも稼げた相場で一時期100万円ゲットできてて、ウハウハ状態だったんだけど、やっぱり甘くないよね〜。

 

急に相場が崩れてきて、ショート(売り)トレンドのジグザグ相場になってしまいました。こうなると、素人は相場のいい餌食になってしまいます。

いろんな手をこころみて、資金を突っ込むも、裏目裏目(買えば下がり、売れば上がりって具合)で、瞬く間に持ち金が目減りしていき、最後はやけ気味に数十万円単位で、突っ込んでました。

 

もはや、理念や知識に裏打ちされた投資じゃないよね。

 

ギャンブルです。胃がキリキリしたり、目が血ばしったり、あのままつづけていたら、胃に穴が開いてたね。きっと。

1日のはじまりが、オセアニア相場からはじまって、夕方はユーロ相場が開いて、真夜中にはニューヨーク相場で乱高下して色めき立つ。

 

そして月初の週末の雇用統計にみんな踊らされる。

 

そのほかの重要指標も目白押しでボラティリティがあがって取引量が増えていく、といった感じで、土日以外は、本業の職場とのダブルでヘロヘロ状態でした。

FXをはじめたキッカケ

もともと本業の給料やボーナスが下がって、これはなんか副業をやらないと、将来マズイっていうんで、会社に内緒で稼げてパソコンがあれば取引きできる。

 

レバレッジをかければ比較的少ない元手でけっこう稼げそう。っていううんで、はじめたのが最初でした。

まだ独身(バツイチだったけど)のときだったので、いろいろお金が自由になったわけで、

 

インフルエンザで倒れたときも、ズーーーっとパソコンで相場とにらめっこしてました。よっぽどはまってたんですね。

結果としては、さきほど書いたように、200万円の赤字を出して、まだ貯金が数百万円残ってるぐらいのところで、何とか冷静になって踏みとどまりました。

 

スッカラカンは避けられたんですが、これでコリました。

 

才能がないこともわかったし、第一、お金を損することに耐性がないというか、投資マインドがないというか、器の小ささを思い知ったわけです。

FXって恐ろしい

100万円のプラスから、200万円のマイナスなので、都合300万円急降下したわけです。

 

「おっそろしかばい。」

 

愛知県人なのに、なじみのない博多弁が無意識にでちゃうほど、FXって恐ろしいな~と思ったしだいです。

結局、稼がないとヤバイと思ってはじめたのに、FXに手を出さなかったほうが、サラリーマンだけでコツコツ働いてれば、

 

フトコロもあたたかく、健康的な生活が送れたわけでして、何をやってんだろうな~~って感じでした。

 

で、そのあとすぐにリーマンショックがおきて超円高になって、ドル円が70円前半ぐらいまでいったのかな?

 

まだ続けてたら、ぜったい相場の餌食(えじき)になってたのは間違いありません。

スッカラカンにならなくて本当に良かったです。

 

でも、ほんとうに恐ろしいんですよね~、生涯1度あるかないかのことが、起きたもんでビックリです。

 

ぜったいドル円90円代でもうあがる、80円代でもう底だと、普通ならおもって、絶対に有り金を思わず突っ込みますよね。

 

それでたいていはロスカットされちゃうか大損切りですよね。よほどの金持ちでなければ。

それが70円代までいくなんて、、、。逆に70円代でドル円をロングでしこめた人は、めっちゃ稼げたと思いますけど。

 

一財産を築けましたね。マジで。

再婚して再びFXに手をだす

で、その後の、約5年間は、好きな女性ができて、再婚してマンションを購入したりして、

 

やることたくさんあったりして、FXのことは忘れていたんですが、再婚してからも、中小企業の会社で働き続けるということは、

 

先行きがやはり不安になってきて、守りたいと思う女性もできたので、やっぱり副業(本業以外にも稼ぐ)もしないとなんて思っちゃうわけです。

FXの環境は進化していた

で、またFXに手をだすわけです(もうこりごりなんじゃなかったのかよ)。

 

時代も進んでいて、技術革新で、スマホで簡単に取引できたり、投資残高確認できたりしちゃうわけです。

 

チャートも見やすくなったりしてて、レバレッジの高い海外の口座も、日本の(日本語のわかる)仲介業者がいてくれるので、クレジットカードで入金出金が、簡単にできちゃうわけです。

 

で、FXの情報商材もたくさんネットで紹介されてるわけです。

 

「私はFXでこれだけ稼げました!」

「いまは悠遊自適に海外生活をパソコン1つとスマホだけで満喫しています。」

「稼げるポイントやタイミングを有料ツールでシグナルでお教えできます。簡単です。指示どおりにパソコンにインストールするだけです。」

みたいな。

で、コリもせずに、こういった情報商材や以前より狭いスプレッドに煽られてのっかってしまったんです。

 

FXの情報商材は、だいたい1商材、数万円くらいです。

 

数万円で稼げるようになるなら安いもんだと何本も稼げそうなFX商材を購入しました。

 

ただ、わたしも痛い経験をしてきているので、こんどは慎重に投資金を突っ込んでいきました。

 

妻にはなんて言っていたかというと、ゲーム的なもので、100円単位でしか、賭けないから安心だよ。

心配ないよと伝えてました。

もちろん、過去に200万円マイナスなんて言えるわけがありません。

 

再婚してまもないのに、イケナイ夫ですよね。

 

でも、ほんとうに慎重におこなって、ダメならすぐにひきあげるつもりでした。

 

妻がいてくれるおかげでそう思えました。

FXを再開した結果

結局、半年ぐらい、情報商材ツールを駆使したりして、昼も夜もスマホ片手に、すきま時間で確認してました。

 

うまくいったり、いかなかったりで、一進一退でしたが、すごく稼げる感覚がいまいちつかめなくて、収益がプラスマイナスとんとんぐらいで、FXをきっぱり辞めることにしました。

 

時間がもったいないと思っちゃったんですね。

 

で、飽きるまで楽しんだという感覚にカラダがなってくれました。

こうして現在にいたっています。

 

その後、貯金もDINKS(ダブルインカムノーキッズ)で順調にできてますし、今のところ健康だし、FXを辞めることができて結果良かったなと思っています。

 

もう2度とやらないでしょう。

 

断言できます。

かわいい妻と地道に歩んでいきます。ただリスクのない、元手のあまりかからない副業は、これからも探していきますけどね。

どうしてもFXをやってみたいなら

わたしは、FXは向いてない、才能はないということが、カラダでわかったのでいいんですが、

 

もし頭でわかっちゃいるけど、ちょっと興味あるなという人は、経験者は語るで以下のことを気をつけて取引をはじめるならはじめたほうがいいと思います。ただし、

『投資は自己責任』

このことは肝に命じて初めてください。

1.海外口座はやめておく

理由は、レバレッジが高すぎます。

 

少ない元手でできちゃうんですが、リスクも高まります。もっともっとっていう感覚に陥ります。

 

注意が必要です。

 

あと何かトラブルがあったりセキュリティ上のことも海外口座だとけっこう不安です。

 

やめてからも解約の仕方が面倒だったり、クレジットカード取引なので、操作につまづくと、海外口座なのでカード会社から

「大丈夫ですか?ご自分の取引を認識してますか?」

と電話があったりします。

 

国内口座だと初心者にも人気のあるヒロセ通商さん(ライオンFX)あたりがオススメです。

 

わたしも口座は持ってました。

2.元手はいくらか決めておく。生活資金に手をつけない。

読んで字の如くです。余裕資金でトライしてください。

3.取引する時間は1日数時間と決めておく。

平日はやろうと思えば相場が開いているので24時間できちゃいます。

 

体が資本です。本業ある方は気をつけてください。

 

これほんとに大事です。

結び

「FX、

手をださなければ、

MAX貯金」

(副業マニア)

自分の才能のなさ、アホさかげんを晒しましたが、参考になったら幸いです。

 

世の中お金だけではないですが、お金もほんとに大事ですよね。

 

その考えほんとによくわかるんですが、体がいちばん大事です。

 

まわりの大切な方々のためにも、自分を大切にしながら、節度を持って、興味あることを楽しんでください。

 

破滅するまでスッカラカンになるまでのめりこまないようにしましょう!

 

一時的に稼げた人も引き際が肝心ですよ。

おしまい

はじめる前に2、3冊は読んでおいた方がいいですよ。やっぱりやめとこうかな?と冷静になれるかも知れないという意味もあるので。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です