クレジットカードの磁気カードを、なぜICカード化するんでしょうか?磁気カードは無くなるの?

東京オリンピックに向けて、

政府も本腰(ほんごし)を入れてます!!

 

その一環(いっかん)のお話しです。

 

わたしたちが、日々利用している、クレジットカード、

わたしも、クレジットカードを頻繁に利用するヘビーユーザーの一人です。

(^◇^)

 

ほぼ毎日、何らかの決済(公共料金の自動引き落とし、スーパーやコンビニでの買い物など)で、取引しています。

 

便利なので、使いすぎるのは注意ですけどね。

(#^.^#)

 

ただ、この便利なクレジットカードですが、弱点があります。

それは何でしょうか?

 

 

クレジットカード(磁気カード)の弱点

 

 

クレジットカードの磁気ストライプ(黒くて細い帯状のもの)は、

 

payroll-3219081_640

 

・磁気なので弱まると読み取り(スキャン)不可になりやすい

(水にふれると磁気は弱くなります)

・スキミングの被害にあいやすい

みんなクレジットカードって便利だけど利用してる?いろいろリスクはあるけど、カード会社ってしっかりしてるのかな?

 

という弱点があります。

 

磁気カードの弱点1・スキャン不可になりやすい

 

スキャンに関しては、わたしの経験からすると、

利用店の決済端末の「機械の調子」も、影響すると思っています。

 

「古い端末を使っている場合」

「機械に環境の良くない場所で使用している場合」

では、スキャン(磁気)不良になりやすいです。

 

実際、わたしのよく利用する、美容院はオシャレなところですが、

カット代を決済しようとすると、かならずスキャンで引っかかります。

Σ( ̄□ ̄|||)えっ!また?

 

2回3回とかならず、磁気ストライプを決済端末にスライドさせています。

「わたしのクレジットカードとの相性?」

もあるかもしれませんが、ほかのスーパーとかコンビニなどでは、必ず1回でスキャンOKです。

 

「なんなんでしょうね?」

(´・ω・`)

(・・?

(。´・ω・)?

 

とハテナマークですが、

 

磁気カードの特徴の1つだと思います。経験上ですが。

 

スキャンしづらいのは、多少不便な感じですみますが、

一番の弱点はセキュリティ面です。

 

 

磁気カードの弱点2・スキミング被害が怖い

 

これは身近にも、起こっているぐらいですから、

磁気カードの最大の弱点だと思います。

 

これがあるので、クレジットカードを毛嫌いする人も、

日本では特に多いといわれています。

 

特に、ご年配の方に集中しています。

 

「先人の知恵」といいますか、

「得たいのしれないものには近づかない」

 

という傾向にあります。

(#^^#)

 

これはこれで正解の行動といえるので、他人はなんとも言えません。

説得するものでもありませんし。

((+_+))

 

 

新聞やテレビでは、事件があると、

「クレジットカードは恐いもの」とわかりやすく報道で説明してくれちゃいます。

 

「現金一筋(ひとすじ)、現金以外は信用できない」

 

キャッシュレス化がすすまない要因の1つです。

 

 

ICカード化の理由

 

 

いままでのクレジットカードにICチップを埋め込むことで、

 

磁気カードの弱点の、

「スキミングやスキャン不可」を極力防ぐことができるようになります。

 

money-256319_640

 

便利ですよね。

(^_-)-☆

 

 

ただし、磁気ストライプもICチップと平行して、

まだクレジットカードに張り付けてあります。

 

両方ついています。磁気とICと。

 

 

まだ磁気ストライプの情報も無くすことができないからなんです。

 

その理由は、

 

「読み取り決済端末が、まだ多数、日本も含めて世界中に残っているからです」

 

海外旅行によく行かれるかたは、よくご存じですが、

海外は、ほぼカード社会ですよね。

 

クレジットカードを持つイコール、

「稼ぎのある信用のおける社会人と認識される」ほど持っている人に信用力がついています。

 

それに、読み取るコストが安かったので、クレジットカードを広めることができました。

 

海外の政府も後押ししたと思います。クレジットカード情報で個人を管理できると思ったのでしょう。

なので信用力も同時についていったんでしょう。と想像されます。

 

クレジット(磁気)カードを広める手段の1つだったため、これはこれでしょうがないですね。

 

この読み取り端末、磁気ストライプを読み取る機能だけなら、コストが安いままなので、

小売店(加盟店)もなかなか切り換えられません。

 

 

磁気カードをICカード化のまとめ

 

 

ICチップを読み取る機械は、

「セキュリティに強く高性能ですが、コストも高くなります

 

credit-card-1369111_640

 

しかたがないことですが、小売店(加盟店)は、導入に、二の足を踏みます。

 

カード会社もコストが高くなるから、本当はICカード化を進めたくはありません。

放っておくと、資本主義社会なので、磁気カードのままの状態が長くつづくことになります。

 

政府もキャッシュレス化を進めています。民間クレジット会社と利益がぶつかりますよね。

政府は、伝家の宝刀の法律でしばるしかなくなってきますよね

 

長くなったので、次回はそのあたりのところを投稿予定です。

 

 

おしまい

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です