基本情報技術者試験のための対策(ファイル管理のファイル)を実務とからめてGO TO PASS!

考えチュウ

ファイル?種類とかあるのかな?

ナゴヤん

ファイル管理のカテゴリーのファイルについて実務経験もからめて書いていきます。
この記事の対象者
基本情報技術者の初学者
会社の部署のシステム管理者

ナゴヤん

私は基本情報技術者(第二種情報処理技術者)試験の合格経験者です。会社の総務部やシステム管理でACCESS VBAを活用してます。

こんな感じで学習します。

  • ファイルとは?
  • 独自フォーマット
  • 共通フォーマット
  • 圧縮と伸張

ファイルとは?

主にソフトを利用して作られる1つのかたまりのこと。そのかたまりに名前をつけコンピュータ上で認識されます。

ワードで作れば xxxxx.docとか
エクセルで作れば xxxxx.xlsとか

”xxxxx”には
識別するための任意の名前がつけられます。

ファイルは補助記憶装置に再利用されるために保存されます。1回のみ利用するために作られた場合は保存の必要性がありません。名前をつける必要もありません。

独自フォーマット

先ほどの

ワードで作れば xxxxx.docとか
エクセルで作れば xxxxx.xlsとか

が独自フォーマットです。

専用のソフトでないと開いて編集できません。

共通フォーマット

代表的なものは以下のファイル形式になります。いろいろなソフトで利用できる形式になっています。統一団体があって規格が決められているものもあります。

テキスト形式

CSV形式

PDF

画像用のファイル形式

音声用のファイル形式

動画用のファイル形式

テキスト形式は狭い意味でいうと文字コードを用いて人が容易に読み書きできる形式のことで、逆にバイナリ形式は文字コードではなくコンピュータしか理解できないビット列のデータのこと

CSV形式はアプリケーションソフトに取り込んだり(インポート)その逆に吐き出したり(エクスポート)するために作られ利用されます。ソフト間でのやりとりにはなくてはならない形式。実務で利用できれば時間短縮ができて効率アップできます。

PDFはコンピュータの機種やOSに依存しません。電子メール等で文章配布するのに標準的なフォーマットです。いろいろなソフト(ワードやエクセルやアクセス)からPDFは作成でき、インターネット上に置いて閲覧することも可能です。国や市区町村の行政文書などにもよく使われています。

画像用のファイル形式はBMP(ビーエムピー),GIF(ジフ),JPEG(ジエーペグ),PNG(ピング)があります。実務でも文章や配布マニュアルに画像を入れたりしますのでそれぞれの特徴は覚えときたいですね。

実務で触れてる感覚ですがファイルの大きさで言うと

BMP > PNG > JPEG > GIF

使うアプリにもよりますが利用しやすいファイルと言う意味だと

PNG > JPEG > GIF > BMP

ファイルサイズが小さくできて画質が劣化しないと実務で使いやすいですね。

音声用のファイル形式はMP3(エムピースリー)とMIDI(ミディ)です。MP3はインターネット配信や携帯プレイヤーで視聴者利用、MIDIはデジタル楽器を使う演奏者側でよく利用されます。

動画用のファイル形式はMPEG(エムペグ)です。動画を不可逆(元どおりには戻せない)圧縮して保存されます。

MPEG-1・・・ビデオCD
MPEG-2・・・DVD
MPEG-4・・・インターネット配信や携帯電話
試験ではMPEGは動画用だと覚えとくだけで回答できる問題もあります。

圧縮ではないMPEG-7もあったりします。試験直前に数回過去問を繰り返せば覚えられると思います。

圧縮と伸張

圧縮技術は圧縮ファイルと解凍処理のペアで実務でもよく使われます。パスワード付きで電子メールのやりとりでは必須ですよね。

画像や動画や音声ファイルの圧縮ですが、動画は普通に記録保存すると数百GBになってしまいます。

数百GBってほぼパソコンのHDDの大きさです。実務には重たくて不適格です。画質が良くなればなるほどGB(ギガバイト)は大きくなりがちです。

そこで圧縮技術(人の聞こえない高音の部分は捨てる、繰り返しのムダな部分はそぎ落とすなどなるべく品質をおとさないようにする)を用いるとGBは100分の1だったり1000分の1になったりします。

伸張は逆に100分の1や1000分の1に圧縮したものをもとに戻すことです。

MEMO
品質をなるべく落とさずになので音楽をCDで聴くのとダウンロードしてスマホで聴くのとでは多少違って聞こえたりするのは圧縮技術のせいだったんですね。

不可逆圧縮

圧縮すると伸張しても元どおりに戻らない場合を不可逆圧縮といいます。

画像だとJPEGが不可逆圧縮形式です。圧縮のレベルに応じて画質は劣化します。あまり気にならないですけどね。実務レベルだと圧縮して軽くなるほうを優先しますね。

可逆圧縮

圧縮したあと伸張して元に戻る場合は可逆圧縮です。

画像だとBMPやGIFやPNGは可逆圧縮です。画質は劣化しません。写真をとったらこの形式だとより自然にキレイに撮ったままの画像が作成されるということですね。

MEMO
ただし、GIFは256色と制限があります。写真ならフルカラー対応のPNGがいいです。PNGはGIFの代わりに登場した万能型のファイル形式です。ただし圧縮率はJPEGには劣りますが。BMPは劣化はないですがサイズは大きくなります。


まとめ:ファイル管理(ファイル)

☑️ ファイルとは?

主にソフトを利用して作られる1つのかたまりのこと。そのかたまりに名前をつけ(再利用保存され)コンピュータ上で認識されます。

☑️ 独自フォーマット

ワードで作れば xxxxx.docとかエクセルで作れば xxxxx.xlsとか専用のソフトでないと開いて編集できません。

☑️ 共通フォーマット

  • テキスト形式

  • CSV形式
  • PDF
  • 画像用のファイル形式
  • 音声用のファイル形式
  • 動画用のファイル形式

太字のフォーマットが実務でもよく利用されます。画像・音声・動画にはファイル形式にそった圧縮技術が使われています。

☑️ 圧縮と伸張
伸張しても元どおりに戻せない不可逆圧縮と、逆に元どおりに戻せる可逆圧縮、BMP,JPEG,GIF,PNGの特徴は覚えておきましょう。実務でも役に立ちます。

ファイルについては実務では多忙であまり深掘りして考えないと思います。基本情報技術者の試験勉強をして周りから頭ひとつ抜け出し、かつ試験に合格しちゃいましょう!

今回は以上です。

アクセスありがとうございました。皆様の合格を応援しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です