制限する、制限がある ⇒「軽自動車」のことが頭に浮かぶ。それはなぜか?軽自動車の凄さを実感してるからだと思う。

「制限」という言葉は、ネガティブな感じですよね。威圧的な感じもするし、あまり気持ちのよいシチュエーションでは使われませんよね。

 

ですが、リーマンを長くやってると、

 

「制限があるから、、、」

 

という考え方になってきます。不思議ですよね。

 

軽自動車は制限のたまもの?

 

「制限は決してネガティブじゃないな。」

「むしろ制限あるから、良いものができあがったんだな。」

と思わせてくれるのが、

 

「軽自動車」です。

 

speed-164063_640

 

軽自動車は、

「日本のもの作りの粋(すい)の技術を集めた結晶」

 

軽自動車の制限(排気量とボディサイズ)は日本独自のものらしい。

※具体的な軽自動車の規格に興味ある方はググッてみてください。

排気量は確か660ccだったかな?

(・・?

 

普通車や小型車のカテゴリーを侵害しないために作られた

法律で定められた「厳しい規格」なんだそうです。

 

この制限(厳しい規格)のなかに、日本の自動車メーカーの技術の粋が集められました。

 

  • STEP.1
    枠が決まる
    枠(制限)が決まってるから、その枠内で何とかしようとする。
  • STEP.2
    アイデア
    いろんなアイデアが浮かんでくる。
  • STEP.3
    思考錯誤
    こうしたらどうだろうか、この材料ならいけるのでは?
  • STEP.4
    壁にぶつかる
    この仕組みや考え方ならクリアできるのでは?
  • STEP.5
    さらに壁
    あきらめずに技術者が一心不乱に寝ずに夢にまでアイデアが出てくるくらいに考え続けた
  • STEP.End
    果実
    その結果、すばらしいものができあがってくる。

 

こういう図式(流れ)だと思うんですが、

枠(制限)があるから「考えやすい」ということも言えると思います。

 

この枠の中でやらなきゃどうしょうもない。

ある意味追い詰められるんですが、逆に集中できます。

 

 

軽自動車のメリット

 

そんなメーカーの努力で開発した、

ものつくり日本の代表作と言っても過言ではない、軽自動車には、わかりやすいメリットがあります。

 

「税制が優遇されている」

「コンパクトで運転しやすい」

 

この2つが一番わかりやすいメリットでしょう。

自動車保険も相対的に安くなりますしね。

(^◇^)

 

税制の比較

 

軽自動車(普通車の場合)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

自動車取得税 ¥車体価格の3%(5%)

★自動車購入時にかかる税金<購入時のみ>

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

重量税  ¥8,800(¥25,200以上)

★車検のたびにかかる税金<車検のたびに>

自動車税 ¥10,800(¥29,500以上)

★毎年4月にかかる税金<毎年必ず>

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

普通車とだいぶ違いますね。

Σ( ̄□ ̄|||)ビックリ

Σ( ̄□ ̄|||)ビックリ

 

軽自動車の税金が安いのは、戦後復興のなごりだそうです。

 

軽自動車は一般庶民が乗る車です。

普通車以上は、お金持ちしか乗れない時代から考えられた規格車だそうです。

 

車幅や排気量はコンパクトにされました。

「道路をなるべく占領しないように」

「排気ガスをなるべく出さないように」

 

この流れで【税制の優遇】も、軽自動車に適用されました。

制限があるから優遇されているとも解釈できますね。

 

国も粋なことをしますね。

(^_-)-☆

頭のいい行政が考えてるので、税収はかえって増えたでしょうね。

 

軽自動車の高い操作性

 

運転しやすいです。

日本は海に囲まれ、国土が狭いです。

 

名古屋は、特に、碁盤の目のような城下町もあり、風情のある商店街や細い道も多く、自転車を乗る人もたくさんいます。

女性には特に、取り回しのよい、「全幅も狭く全長が短い」軽自動車が最適な地域です。

 

名古屋は100m道路で有名なんてことも言われますが、ほんの一部の繁華街に近い道路のお話しです。

やはり生活道路は狭い道が多いです。

 

名古屋は230万人都市です。

人口も比較的多く密集しているので、精神的な面でもコンパクトカーは良い選択だと思います。

うちの妻もワゴンRのオーナーです。

 

軽自動車は女性仕様?

 

「懐にやさしい」

「乗りやすい」

 

経済的で操作性が良い。

 

特に車の部品やタイヤやエンジンなどの細部にこだわりがないのが女性です。

【バイクのCM】ってあまりみないよね? 昔からなんでかな?と思ってました。どうしてなのか気になりませんか?

 

そんな女性に軽自動車は大人気です。

メーカーも女性を意識したものつくりにせっせと励んでいます。

 

女性を意識したかわいい軽自動車が増えてきましたね。

「運転してアイドリングストップ中に、パネル表示の中で、うさぎの耳が揺れている」

なんて、男性技術者には思いつかないアイデアですよね。

(^◇^)

 

まとめ

 

長くリーマンをしていると、

 

軽自動車のすごさや、メーカー(技術者)の開発努力に思いが行きます。

なんの曇りなく「ただただ、すごいな」と思ってしまう素直な自分がいます。

 

限られた制限(予算、時間など)にリーマンは毎日もまれています。

その中で、成果物を出し続けてるリーマンは、軽自動車の凄さがわかると思います。

 

そこに理不尽なことも絡んでくるでしょう。

「組織だもの、上下関係あり。」

「人間同士だもの。」

 

それでも素晴らしい高性能な自動車を作り続げる日本のメーカー

 

軽自動車をみるたびに、「日本の誇り」と思ってしまいます。

 

最近、妻の車を買い替えることになりました。

見積もりをとってきたので、近々、投稿予定です。

 

たぶん、またワゴンRになると思います。

(^◇^)

 

 

おしまい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です