【社会保険の扶養者認定】のための必要書類とは?親子だけど働き盛りの子供を扶養するケース

ナゴヤん

こんにちは、ナゴヤんです!

会社の実務で、

ちょっとΣ( ̄□ ̄|||)ビックリしたケースでした。

 

健康保険の扶養者認定ですか?

厳しくなるみたいですよね。

Why?Lady

 

ナゴヤん

そうなんだけどね。

ちょっと娘さんは甘えすぎかな?他人の家族のことなので何も言えないんだけどね。

 まだ実感がない?扶養者認定の厳格化

 

「2018年10月から扶養認定が厳しくなる」

ということでしたが、名古屋では今のところ、まだそんな印象はないですね。

毎日バックオフィスで働いていて、まだそういう実感はありません。

 

今回のケースも無事に扶養認定されました。

 

顧問社労士によると、認定されるか少し心配だった面もあったみたいで、認定されたとき(被扶養者の健康保険被保険者証が会社に送付されたとき)はホッとされていました。

 

今回の扶養者認定を申請したケース

 

今回のケース

・親子(母と娘)

・母がうちの会社で正社員で70歳超え

・娘は40代で会社を退職して現在は無収入

・別居(娘は一人暮らし)

 ☆中小企業なので社会保険加入は「協会けんぽ」です。組合ではありません。

今の世相(せそう)を反映しているかのようなケースですが、結局は実の親子という点が強かったようです。

audit-3209053_640

 

扶養認定のために整えた資料

 

・給与所得者の扶養控除等(異動)申告書

・娘の年金手帳のコピー

・親(母)の子(娘)への仕送り履歴のある銀行の普通預金通帳のコピー

 

実際に顧問社労士に提出した資料は上の2つだけです。

 

3つめの「仕送り履歴のある預金通帳のコピー」は、税務調査があるときのために会社で保管しました。

顧問社労士にはお渡ししませんでした。「経験上(扶養者認定のために)そこまでの資料はなくても大丈夫でしょう」という意見もいただいたためです。

 

あとの専門的な手続き書類(被扶養者異動届など)は、当然ですが、顧問社労士にお願いしました。

 

ナゴヤん

どう思う?

あなたはまだ若いけど、立派に成人してるんだから反面教師にしないとね。

 

えっ!?

今はこんなケース普通ですよ~、70歳なんて全然若いですよ。優秀な大人はまだまだ働けますよ~。

だって、人生100年時代ですよ!!

Why?Lady

 

ナゴヤん

オレが古いの?

逆に40代の娘さんがお母さんを扶養しないといけないんじゃないの?

Σ( ̄□ ̄|||)

(オレが世間知らず?)

 

おしまい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です