手取り?給料の額面(基本給+もろもろの諸手当)のことじゃないの?振込金額のこと?可処分所得のこと?通勤手当も含まれるの?

毎月の給料、月給、待ち遠しいですね。

(^◇^)

 

社会人なので、生活費の設計のためにも、あやふやな部分は正確に覚えちゃいましょう!

 

「あなたの給料はいくらですか?」

 

「だいたい月30万円です。」

とか、

「月40万円かな?」

とか、答えることがありますよね。

 

サラリーマンのほとんどは、月の給料、額面(基本給+諸々の手当)の金額を答えます。

ふつうですよね。特に問題ありません。

 

「手取り」とは?

 

ですが、

「月の給料はわかったよ。じゃあ、手取りは?」

Σ( ̄□ ̄|||)えっ!手鳥?手取り?

 

と聞かれて、正確な数字が答えられる人はいますか?

まず給料明細が手元になければ無理でしょう。

 

なぜなら、月収30万円とすると、

 

「手取り」=30万円ー(所得税+住民税+社会保険料)

 

です。

 

ざっくり、24万円前後が「手取り」です。

扶養のかねあいとかありますが、ざっくり2割は給料の額面から控除される(引かれる)のが普通です。

 

月収30万円だと、24万円前後

月収45万円だと、35万円前後

月収48万円だと、37万円前後でしょう。ざっくりですけど。

 

給料明細が手元にあれば1円単位までわかるんですけどね。

 

income-tax-491626_640

 

手取りとは「可処分所得」のこと?

 

「手取り=可処分所得」

(てどりイコールかしょぶんしょとく)

 

 

 

正解です。その通りです。

(^◇^)

 

 

「給料をもらって、自分で処分できる金額」のことが可処分所得です。

小難(こむずか)しい言い方ですけどね。

 

「手取り」のほうがわかりやすいですよね。

 

「手取り=可処分所得」

 

この公式は認識しておきましょう。急に聞かれて、とまどって答えられないとヤバイですからね。

(^_-)-☆

 

 

手取りは振込金額?

 

これは正解のケースと間違っているケースがあります。

 

正解のケース

 

非課税の通勤手当でない(通勤手当がゼロか課税)の場合は、正解です。

 

「手取り=振込金額」

 

です。

 

間違っているケース

 

もうわかりますよね。

 

非課税の通勤手当が振込金額に含まれている場合は、

 

「手取り ≠ 振込金額」

 

です。

 

なぜなら、

「非課税の通勤手当」は手取り収入に含まれないからです。

単なる費用や経費の意味合いだからだと思います。

 

公共交通機関にお金を払ったり、ガソリン代を払ったり、通勤するだけでお金がかかるからです。

 

お金が右から左です。経費というか通勤費ですよね。

 

「経済的で合理的な通勤経路で、非課税限度額以内なら、

「非課税通勤費」「非課税通勤手当」です。

覚えておきましょう!

 

ただし、課税の通勤手当(通勤費)は、手取り収入に含まれます。

Σ( ̄□ ̄|||)えっ!!

 

わかりづらいです。

「不経済で非合理的」な通勤経路か「非課税限度額を超えた部分」の場合ってことですね。

 

覚えるしかないですね。

実際には、課税通勤費のケースは少ないですけどね。事務処理が手間(てま)ですしね。

 

うちの会社の場合は、原則、非課税通勤手当分しか支払っていません。

(´・ω・`)

 

手取りの意味を知っておくとタメになる?

 

FP(エフピー)って聞いたことがありますか?

 

piggy-bank-2889042_640

 

ファイナンシャルプランナーの略ですね。

お金の専門家ですね。平たく言うと。

 

将来的に、お世話になるかも知れません。

「住宅ローンで生活費に不安があるとき」だけじゃなく、「資産を持て余しているとき」にも、相談に乗ってくれる心強い味方です。

 

そのときに、資産設計を個々にシュミレーション(キャッシュフロー表の作成)してくれますが、

そのときは、手取り収入のことをわかっていないと、少し苦労します。

 

必ず、キャッシュフロー表を作成してもらうときに聞かれます。

 

「あなたの月々の手取り収入はおいくらですか?」

 

たとえ、将来FPにお世話にならないまでも、

使える金額(可処分所得)を数字でしっかり、頭の中で認識しておくことは、超重要です。

 

月々貯金をするための基本中の基本だからです。

いっぱい貯金できるといいですね。

 

 

おしまい

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です