【バイクのCM】ってあまりみないよね? 昔からなんでかな?と思ってました。どうしてなのか気になりませんか?

こんにちは、ナゴヤんです!

いつもアクセスありがとうございます。

私は、中型自動二輪の免許を持っています。

なぜか、

若い頃は尖(とが)ってたので、

「車の免許よりも、先に絶対バイクでしょ!」って思い込みが激しくて、

同級生のみんなが車の免許をとるかたわらで、一生懸命、コケながらも中型自動二輪の免許を取ってました。

公道を走ってるときはホントに爽快感ありますよね。当時は楽しかったです。

便利さやデートをするためにすぐに自動車にチェンジしましたけどね(笑)。

その頃から、ヤマハやスズキのバイクのCMって限りなくないな、少ないな〜と疑問に不思議に思っていました。

で、いい大人になったいま、納得いく答えがあったので、シェアします。

私が安易に想像してた答え

あぶない乗り物だし、教育上よろしくない。「バイク=暴走族」と結びつける親御さんが多すぎる。そのためPTAとかが反対するので、ホンダとかヤマハとかのメーカー側が自主的に規制した。

時が流れて、現代も少子化で自分の子供かわいさで、余計に細かいことまで口を出す輩(やから)クレーマー、モンスターペアレントが増えているので、昔以上に、メーカー側が自主規制しているのでは?

調べて納得した答え

バイクとは逆に、

自動車のCMは多い、でもほとんどが大衆車のCMだ。

今なら、ワゴンRやムーヴなどの軽自動車、セダンだとマツダ車とかトヨタ車のCMが多いですかね。

潜在意識として、大衆車を選ぶ人の感覚って、

「車って便利な乗りもの(人や荷物を運ぶ道具、雨天や強風でもOK)」

このことを一番に思っている人が多いんだと思います。

プラス、

経済的(低燃費、ハイブリッド)でセーフティー(衝突回避機能、渋滞時の疲労軽減のための自動運転機能など)であれば、尚OKで買う気もおこりますよね。

大衆がのぞむんならCMを流す価値はありますよね。

何がいいたいかというと、

「車自体が好きというわけではない。」

とうことです。

車が好きで好きでしょうがないっていう人は、ドラマやバラエティー番組の合間に流れる数十秒の短いCMだけで、

「こんど近くのトヨペットや日産の販売店に行ってみよう!」

っていう気にはまずなりません。

車好きは、車の部品やエンジンの性能や、はいてるタイヤのグリップ強度とか、時間をかけて調べますよね。で、自分が納得するまではまず買わないでしょう。

この考えがバイクにもあてはまります。

で、あれば、わざわざCMを高い金を払って流す必要性はないと考えます。

買う人はCMなんか流さなくても買うし、買わない人はCMが流されてるのをみても買う気にはなりません。

こういう性格の製品にCMは流す価値がないと言えます。

(流してもパイが限られている、CMコストは高いのでペイできない)

そもそもバイクを買う人は、

誰かに言われなくても勝手に買いに走る。余計な大衆受けする情報はむしろ欲しくない。っていうか邪魔だ。

大衆が受ける情報を全く求めていない。

バイクは雨風は凌(しの)げないし、2輪で不安定でコケやすいし、半袖半ズボンやサンダルでは危険すぎて乗れませんし、ヘルメットも被らないといけません。

それでいて何十万円以上もする高い買い物です。公道も道交法も自動車目線で整備されています。

何を好き好んで、生活第一の一般人がすごく便利とは言えないバイクをわざわざ買いますか?

買いません。

バイクそのものをホントに好きでないと買う理由がありません。

※ちなみに、スクーターは大衆向けです。自動車免許証で乗れるし、価格も10万円前後からあるし、手軽に手押しできるし、置くスペースもとりません。燃費もよく経済的。近距離であれば、車より早く目的地までいけちゃう場合もあります。みんなが便利と思う乗り物です。CMを流す価値はあるでしょう。

結び

どうでしょうか?

納得できたでしょうか?

私は納得できました。

バイクはCMを流す意味がそもそもある商品ではないという理由でしたね。

PTAとか親御さん目線なんて関係ないっていうことですね。そんなものを気にしていたら、ものづくり日本の名がすたりますよね。

どんどん技術革新して便利になっていきますね。

でも、

好きだから、あえて不便な方を選ぶ。

こういうのも、

人間っぽくてカッコイイけどね。

おっちゃんリーマンは、

もう尖るエネルギーがないので、

ラクで便利な方に流れちゃうけどね。

 

おしまい

 

【名古屋市で自転車損害保険の加入】がいよいよ義務化!!未加入の場合、罰則はあるの?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です