基本情報技術者の試験に数学は必要?数学を勉強してないと落ちるの?

初心者

基本情報技術者の試験って、数学は必要なの?算数レベルだと受からないの?

そんな疑問にお答えします。

ナゴヤん

私は基本情報技術者(第二種情報処理技術者)試験の合格経験者です。
会社でACCESS VBAを活用してます。

結論から言うと、

数学を知らなくても、全然合格できます。

私の数学力はこんな感じ

  • 中学の時の数学力は、
    三角関数の補助線を自分で引っ張るあたりから、授業に全くついていけなくなる

  • 高校の時の数学力は、二次方程式が限界

  • 大学は、もちろん文系で経済学部。就職して基本情報技術者試験を受けるまでは数学に触れてない

なので、

経験(体験)から、
身を持って知っているので、
数学力が無くても大丈夫です。

計算問題は多くて難しいのでは?

MEMO
サイン、コサイン、タンジェント、指数、対数、シグマ、、、などの大学受験に必要な問題はまず出ません。安心してください。万が一出ても捨て問題対応で大丈夫、心落ち着けて試験にのぞみましょう。

当時(平成初期の合格時)は、
今の令和の試験よりも、
計算問題は多かったみたい。

ということは、、、

令和に受験する数学苦手なあなたは、

平成に受験した人よりも、
ラッキーかも。

ですが、ここで逆風、

Σ(‘◉⌓◉’)

(T ^ T)

計算問題はやさしくはありません。

最初は難しく感じると思います。

注意
10進数から2進数、8進数、16進数への基数変換や補数は最初の関門です。

考え方や解き方に慣れないと
いけません。

慣れ方は、
過去問を繰り返せば、
大丈夫です。

答えを先に見ちゃいましょう。

それで、早く繰り返して、
考え方や解き方に慣れましょう。

最初は理解できなくて
当たり前、
悲しくなるけど、あたりまえ。
(T ^ T)

質より量、確実に量です。

仕事や学校や行事で、平日は勉強できなくても、

土日に1ヶ月だけ試験勉強に当てましょう。

(コンピュータの身になって)考え方と解き方を理解しましょう。

重要です。
( ̄▽ ̄)

(最悪は理解できなくてもOK、慣れでなんとなく解答できる可能性が高くなるからです)

最初はつらくても、がんばりましょうね。

応援します。合格した仲間が増えるとうれしいです。

令和の計算問題は?

最近の「受験本(問題付きの参考書)」を買ってみました。


分厚さは当時の受験本と変わらない。

でも、

内容はめちゃくちゃフランクで読みやすくなってます。

ギャグもちりばめられてて、クスっと笑えます。平成当時の無機質な受験本とは、全く違ってました。

写真元:キタミ式イラストIT塾 基本情報技術者 令和03年

肝心の計算問題ですが、

私が経験した平成の受験当時と同じ問題が多かったです。記憶がよみがえります。

2進数のn進数への変換はもちろんですが、

  • 誤差
  • 論理和、論理積
  • MIPS
  • ディスクのシーク時間
  • 稼働率
  • サブネットマスク
  • クリティカルパス
  • キュー、スタック
  • ハッシュ関数

、、、などなど

あまり変わってないですね。

でもこの受験本、

挿し絵というか、上記一つ一つの項目を、かわいい漫画のオンパレードで楽しく勉強できますね。

まとめ:基本情報技術者試験に数学は

ナゴヤん

【お題】
基本情報技術者に数学は必要なのか?数学を勉強したいと落ちるのか?

【結論】
数学は必要ない

【理由】

  • 数学苦手なナゴヤんが合格してる
  • 平成の試験より令和の試験は計算問題が少ないのは有利
  • 受験本は充実していて初心者でも勉強しやすい

【注意】

  • 計算問題は慣れてないと解けない

【心がけ】

  1. 最初は悲しいぐらいにできなくてあたりまえ
  2. 質より量

いかがでしょうか?
経験からお答えしました。

もちろん、個人差があります。
100%大丈夫とは言い切れませんが、

高い確率で、
数学が苦手でも受かる試験だと思います。

(勉強は自分なりにキチンとしてくださいね。)

皆様のご健闘をお祈りします。

アクセスありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です